マネーフォワード クラウド会計 使い方ガイド

「勘定奉行の仕訳エクスポート」機能の使い方

機能説明

マネーフォワード クラウドで登録した仕訳を勘定奉行でそのままお取り込みいただけるフォーマットでエクスポートすることができます

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計を「スモールビジネスプラン」以上のプランでご利用中のお客さま

対象ページ

他社ソフトデータの移行

使用ポイント

マネーフォワード クラウドで登録した仕訳を勘定奉行で利用したい

マネーフォワード クラウドで登録した仕訳をそのまま取り込めるフォーマットで出力が可能です

使用方法

1.エクスポート手順

各種設定>他社ソフトデータの移行>勘定奉行を開きます。
仕訳をエクスポートのエクスポートボタンをクリックします。

エクスポート

エクスポートする開始日・終了日、開始仕訳をエクスポート対象に含めるかどうかを選択してください。
コード桁数とは勘定奉行の「会社運用設定」等で設定される各要素コードの最大桁数のことです。こちらに勘定奉行側と同じ設定値を入力してください。
設定後、「エクスポート」をクリックします。

エクスポート2

2.各種コードの設定

「勘定科目」「補助科目」「税区分」のコードを入力します。
各コードは勘定奉行側で使用するコードを選んでください。

マネーフォワード クラウドの勘定科目の設定で登録があるものについては、そのコードを使用し、処理が行われます。
勘定科目の設定で勘定奉行と異なった科目コードを指定している場合には、事前に変更を行ってください。

エクスポート3

「決定」を押すと、マネーフォワード クラウドストレージにファイルが保存されます。

エクスポート4

エクスポート5

3.勘定奉行での取り込み

エクスポート機能は「OBC受入形式」で作成されています。
参考として、奉行Jシリーズでの取り込み方法をご案内します。

随時処理>3.汎用データ受入>1.仕訳伝票データ受入 を選びます。

エクスポート10

「OBC受入形式」を選び、エクスポートしたファイルを指定し、「受入開始」をクリックします。

エクスポート11

受入が正常に完了すると、伝票件数、ファイルの行数が表示されます。
受入が正常に行えなかった場合には、エラーが表示されます。
エクスポート12

更新日:2021年08月27日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド