マネーフォワード クラウド会計Plus 使い方ガイド

「経費から登録」の使い方

概要

本機能を利用すると「マネーフォワード クラウド経費」で登録した経費データがマネーフォワード クラウド会計Plusに仕訳候補として連携されます。

※事前に「クラウドシリーズ連携」画面での連携設定が必要です。詳しくは、こちらのガイドをご参照ください。

対象ページ

仕訳登録>経費から登録

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計Plusで「起票者」の権限をお持ちのお客さま

使用方法

「仕訳登録>経費から登録」画面にアクセスします。
経費から登録1
マネーフォワード クラウド経費から連携された仕訳候補が表示されます。
各項目の説明は下記をご確認ください。

①経費データを、承認済仕訳として登録するか、未承認仕訳として登録するかの設定表示
「クラウドシリーズ連携」画面で設定した内容が反映されます。「設定変更」リンクをクリックすることで、「クラウドシリーズ連携」画面に移動できます。

②月選択のプルダウンリストおよび、仕訳候補の表示ボタン
仕訳登録を行う経費データの月をプルダウンリストから選択し、「表示」ボタンをクリックすることで、画面上に経費データの仕訳候補を表示させることができます。

③「再取得」ボタン
経費データの取得状況を最新の状態に更新するボタンです。

④最終取得日時
最後に「再取得」ボタンをクリックして経費データを取得した日時が表示されます。

⑤「一括登録」ボタン
「一括登録」ボタンをクリックし、経費データの仕訳候補を、仕訳として登録します。
このとき登録される仕訳の状態は、①の設定に基づき、「承認済」か「未承認」かに分かれます。
「承認済」状態で登録された仕訳は、仕訳帳などの帳票に直接反映されます。
経費から登録3

※マネーフォワード クラウド経費には承認フローがあり、承認済みの経費データのみが仕訳候補として反映される仕組みです。そのため、①が「承認済」の状態で登録した場合、マネーフォワード クラウド会計Plus側での「申請」「承認」の工程はスキップされます。
※「未承認」の状態で登録された場合は、通常の仕訳と同じく、「申請」「承認」の工程が必要となります。

月次締めを行っている月の経費データが連携された場合

すでに月次締め(仮締め・本締め)を行っている月の経費データが連携された場合、仕訳候補の取引日は「締め月の翌月1日」に自動で変更された状態で表示されます。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: