• 作成日 : 2014年11月9日
  • 更新日 : 2020年6月15日

税額控除とは

Pocket

税額控除は、課税所得金額に税率を乗じて算出した所得税額から一定金額を控除するものである。

所得税の場合、課税所得金額に税率を掛けたものが所得税額となる。その算出された所得税額から一定金額を差し引くことが可能である。

例えば、所得が400万円で税率が15%の時、支払う所得税額は60万円となる。この場合、税額控除が20万円の時、支払う所得税額の60万円から20万円を差し引くことが可能となる。

類似の控除である所得控除との違いは、所得である400万円からその分を差し引くということである。

税額控除と所得控除が同額の場合には、税額控除の方が有利となる。

控除の目的はいろいろあるが、たとえば配当控除、外国税額控除、法人税額からの源泉徴収所得税額の控除などは二重課税を防止するためのものであり、住宅取得特別控除などの税額控除は社会政策的目的のためといわれている。

ただし、所得税を納付する必要の無い低所得者は税額控除もないため、この場合は無しとなる。※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。