新株発行費

Pocket

新株発行費とは、株式募集を目的として、新株発行のために直接支出した経費のことである。

新株発行費は、株式の交付のために必要とした経費のことであるが、それには株主募集のための広告費、金融機関や証券会社の取扱手数料、目論見書や株券などの印刷費、変更登記の登録免許税などが含まれている。

新株発行費は繰延資産の性質を有しており、会社の事業拡大を目的に資金調達をするなどの目的があるため、株式分割や株式無償割当の経費は、支出をした時に費用として処理される。

これらの経費は、販売費および一般管理費の勘定科目で会計計上される。新株発行費は原則として支出をした際に、営業外費用として計上される。

企業が事業拡大を目的とする、資金調達などの財務活動に係る新株発行に関しては、繰延資産として管理される。その際には、新株発行してから 3年以内で効果のおよぶ期間にわたり、定額法により償却をする必要がある。とはいえ繰延資産として計上するかは任意であり、すぐに費用化することも可能である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。