資本金

Pocket

資本金とは、会社を創設し経営事業を始める際に、会社が自分で有している自己資本のことで、会社の経営能力や規模を表わすことができる。

会社を経営するうえで、資本金が多ければ多いほど、会社の資金繰りに余裕があることになり、安定した経営をすることができるのである。

資本金は、会社が有する財産を確保するために設定される表面上の金額であり、現実の会社の経営状態や財産状態とは異なっているという特徴がある。

資本金の規模は法律によって計算されるため、会社の経営状態に関係なく変動することはないが、実際の財産状態や経営の良し悪しは変動することがある。

上述の通り、資本金とは会社が自分で有している資金であるが、この金額には出資者が会社に対して提供した金額を元にして設定される資本のことである。

会社の経営の元となる資本金は、株式を発行して株主から資金を集めることにより調達することが多いため、株主からもらった金額を資本金という勘定項目に記載すると考えることもできる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。