当座借越

Pocket

当座借越とは、銀行と当座借越契約を結んでいることを前提に、当座預金の残高以上の小切手を振り出した場合の借越分を指す。通常、当座預金の残高を超える小切手を振り出すと不渡りとなるが、当座借越契約によって残高以上の一定額を銀行に建て替えてもらうことで不渡りを回避できる。
なお、銀行と当座借越契約を結ぶためには借入限度額(極度額)・期間・利率などを定め、担保物件(根抵当)を差し入れるのが一般的である。

当座預金勘定と当座勘定について

当座預金勘定とは、当座預金口座の増減が記載される勘定科目であり、口座への入金時に借方記入され、小切手を振り出すと貸方記入される。口座残高は借方に生じる。
なお、口座残高を超える小切手の振出を「過振り」といい、過振りによる不渡りを防ぐため、銀行勘定調整表を作成して口座残高を監視する必要がある。
また、当座借越契約を結んでいる場合、当座預金勘定ではなく当座勘定を用いることができる。当座勘定とは当座預金勘定と当座借越勘定を統括した勘定である。この勘定が借方残の時は預金残高を示し、貸方残の場合は当座借越額を示す。
なお、当座借越契約を結んでいる場合、当座勘定を使う場合は「一勘定制」のほか、当座預金勘定と当座借越勘定の2つの勘定を使って処理する「二勘定制」という方式もある。

一勘定制と二勘定制の仕訳の違い

当社の現在の当座預金残高は200,000円であり、銀行と極度額1,000,000円の当座借越契約を結んでいる。A社への買掛金の支払いのため、300,000円の小切手を振り出した。

この際、一勘定制の仕訳では次のようになる。
借方・買掛金 300,000円/貸方・当座 300,000円

同じ仕訳を二勘定制で行うと下記の通りである。
借方・買掛金 300,000円/貸方・当座預金200,000円
                当座借越100,000円

ただし当座勘定による一勘定制では、仕訳を見ただけでは当座預金残高や当座借越残高がわからないため、当座の勘定口座を確認する必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。