勤労学生控除

Pocket

勤労学生控除とは、納税者本人が働きながら学んでいる学生で、その所得が一定以下の場合に所得の控除を受けることができる制度のことを指す。

この控除を受けることのできる人を勤労学生といい、対象となるには条件がある。その条件とは一定以上の学校の学生であること、学生本人の労働による所得であること、学生本人の給与所得の合計が65万円以下でなおかつ給与所得以外の所得が10万円以下であることである。

一定以上の学校の学生とは、一般の中学校、高校、高等専門学校、大学の学生であること、あるいは専修学校、各種学校のうち、一定の条件の学校の学生のことを指す。

例えば、給与収入が130万円であれば、65万円の給与所得控除があるため給与は65万円となるので勤労学生控除対象となる。つまり一般的に給与収入が130万円以下であればこの控除を受けることができると考えてよい。

控除金額は27万円で、控除されるタイミングはその年の12月31日現在となっており、上記の条件に当てはまる必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。