為替差損益

Pocket

為替差損益とは、為替レートの変動によって生じる価値の差を利用することで、発生する利益や損失のことである。

世界各国には異なる外国通貨が流通しているが、外貨同士の為替レートは絶えず変動しており、その変動により利益や損失が生じるのである。

また、ネット上において外貨建ての債権や債務を所有している場合、為替レートの変動によって発生する利益を為替差益、損失を為替差損という。海外企業との間で輸出入などの貿易を行なっている場合、1ドルが日本円でいくらかによって、為替差損益が大きく変わることがある。

通常、為替差益も取引の種類によって、それぞれ課税の方法が異なる。為替差益は所得税の課税対象となるが、外貨預金では総合課税、FXと呼ばれる外国為替証拠金取引では源泉分離課税や総合課税に分類される。

こうした為替の変動によって発生する利益や損失は、為替差損益を区分するための勘定科目で管理することができる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。