請求書

Pocket

請求書とは、相手方に商品やサービスの対価として金銭の支払いを請求するための文書のことを指す。

債権を証明するための書類であると同時に、消費税の仕入れ税額控除を確認するための必要書類として位置づけられている。

請求書を作成する際、特に法律上で定められた書式やフォーマット等は存在しないため、市販のものをそのまま用いることが出来る。また、必要項目だけを記入した請求書を自作し提出することも可能である。

請求書に記載するべき一般的な項目としては、商品の名称や内容、数量と合計金額、代金の振込先や支払い期限などが挙げられる。実際に請求書を記載する場合には、消費税の取り扱い方や源泉徴収などに気をつけたい。

また、請求書を郵送など電子メール以外の方法で送付する際には、送付状を添付することが一般的な形となっている。

送付状に記載しなければならない項目についても特段定められてはいないが、一般的には挨拶と宛先、送付の日付、送付者の連絡先、同封書類の簡単な説明と部数などが挙げられる。

関連記事

フリーランス必読!職種別請求書の書き方
納品書と請求書の違いって?取引に不可欠な4大書類の役割をまとめてみた



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。