会社設立

Pocket

会社設立とは、以下いずれかの設立することを指す。
 
1. 株式会社 
2. 合同会社
3. 合名会社
4. 合資会社

それぞれの形態における特徴には、以下のようなものがある。

1. 株式会社

上記4つの中で、最も一般的である。出資者の地位が株式という形に細分化されていて、かつ、「間接有限責任」とよばれる出資額を限度とした有限の責任しか負わない会社法上の形態の一つ。
 
<メリット>
・他の会社形態に比べて信用度が高い
・節税の選択肢が広がる など
 
<デメリット>
・社会保険料の負担が大きい
・必要な手続きが多い など

2. 合同会社

株式会社と同様に、「間接有限責任」とよばれる出資額を限度とした有限の責任しか負わない会社法上の形態の一つ。株式会社との違いとして、設立費用が安いことなどがある。

<メリット>
・株式会社と同様の税制度が適用され、節税も同様にできる
・設立時のコストが安い

<デメリット>
・形態自体の認知度が低く、信用も低くなる
・上場ができない

3. 合名会社・合資会社

合名会社と合資会社の共通点と相違点には以下の様なものがある。

<共通点>
・設立手続きが容易
・会社の運営が自由にできること

<相違点>
・社員構成
-合名会社:出資額と関係なく責任を負う無限責任社員のみで構成
-合資会社:無限責任社員と直接有限責任社員で構成

関連記事

会社設立を検討中の方は会社設立ガイドを是非一読ください。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。