• 作成日 : 2015年1月16日
  • 更新日 : 2020年6月9日

資本剰余金とは

Pocket

資本剰余金とは、企業が資本取引を行った結果生じる剰余金の一種であり、すべての剰余金から利益剰余金を除いた部分のことをいう。

資本剰余金は「資本準備金」と「その資本剰余金」に分類することができるが、資本準備金は株主から出資を受けた金額のうち資本金に繰り入れず留保しておく金額のことを指し、資本準備金とすることができるのは資本金の1/2未満の金額までと規定されている。

会社法は資本準備金の積み立てを義務づけており、利益準備金との合計額が資本の1/4以上となる場合に資本剰余金として振り替えることが認められている。

もう一方の「その他資本剰余金」は、資本準備金以外のものであり、資本準備金を取り崩すことによって生じる剰余金や自己株式処分差益などがこれに当てはまる。

ただし利益剰余金と異なり、資本剰余金は通常の営業活動によって得られた収益から留保されているものではなく、元手は株主からの出資であるため、実質的な性質は資本と変わらない。※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

会計業務を自動化!マネーフォワード クラウド会計

働き方改革対応自動アップデートの勤怠管理システム Money Forward クラウド勤怠