配偶者控除

Pocket

配偶者控除とは、所得税や住民税の支払いにおいて、納税者本人に収入が少ないか無収入の配偶者がいる場合に受けることができる所得控除のこと。

配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合に適用される。

合計所得金額の38万円にプラスして、給与所得の場合は給与所得控除として最大で65万円まで控除されることになるため、世間一般では103万円までが配偶者控除の対象として考えられている。

その他の基準として公的年金受給者の場合には、合計所得金額に公的年金控除として65歳未満で70万円、65歳以上で120万円が加算された金額などがある。

配偶者控除が設けられている目的としては、低所得の配偶者がいる納税者に対する配慮があげられる。

また、現在配偶者控除は、女性が働きやすい環境の整備や少子化対策の必要性などの社会状況の変化を背景として、制度の廃止などが検討されている。

関連記事

「配偶者控除」の基礎知識まとめ 〜確定申告で所得税を減らすために〜
確定申告で配偶者控除が認められる条件|確定申告の基礎知識
確定申告における扶養控除|確定申告の基礎知識
年末調整における配偶者控除|給与計算の基礎知識



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。