決算

Pocket

決算とは、一定期間における収支の計算を行い、損益を求めることを指す。企業だけでなく、国、地方公共団体でも決算の実施が義務付けられている。

決算期を何月にするかの規定は存在していないが、日本の企業においては4月から翌年3月までの1年間を1会計期間として決算を行なうことが多い。また、個々の企業ごとの事情により、暦年を会計期間として採用する場合や3月から翌年2月までを会計期間にするなどの例もある。

決算の発表の際には決算書が用いられることが多い。決算書は主に以下の3つにより構成される。

・貸借対照表(B/S)

会計期間での企業の資産、負債、純資産の状態を表示

・損益計算書(P/L)

会計期間での企業の収益と費用の状態を表示

・キャッシュフロー計算書(C/F)

会計期間でのキャッシュ・フローの状況を営業活動、投資活動、財務活動の区分ごとに表示。なお、3ヶ月ごとの四半期決算、半年ごとの中間決算が行われる場合もある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。