家賃収入がある場合

家賃収入があるときに必要な確定申告

アパートやマンションの家賃収入がある場合、確定申告が必要です。転勤の期間中をマイホームを賃貸に出す場合でも家賃収入になります。ここでは、家賃収入がある方の不動産所得の計算方法、確定申告の方法について説明します。

不動産所得とは

不動産所得とは、土地や建物などの不動産貸付けや、その上に存在する地上権、船舶や航空機などの貸付けから生ずる所得のことです。アパートやマンションの家賃(賃貸料)はもちろんのこと、共益費としての名目で受け取る電気代、水道代、掃除代、賃貸契約のときの権利金(敷金や保証金のうち、借主に返還する必要がないもの)、契約の更新料なども含まれます。

不動産所得の計算方法

不動産所得は、以下の計算式から求めます。
・総収入金額-必要経費=不動産所得の金額

総収入金額には注意が必要

アパートやマンションの貸付けによる総収入額には注意が必要です。アパートやマンションの経営では、家賃や共益費の滞納などがしばしば発生します。契約により支払日が決められている場合は、支払日には収入を計上します。ほかにも敷金や保証金などの権利金は、不動産の貸付期間に応じて借主に返却する必要がなくなった日に収入として計上します。

必要経費になる支出、ならない支出

必要経費とは、「不動産収入を得るために直接必要な費用のうち、家事上の経費と明確に区分できるもの」です。

・固定資産税
・損害保険料
・減価償却費
・修繕費

具体的には、賃貸経営開始後の借入金(ローン)の利子、入居者募集や管理などで生じた旅費交通費、不動産会社や入居者との連絡で発生した通信費、不動産会社に支払う管理委託費、貸主負担がある場合の水道光熱費などがあります。

ただし、支出すべてが必要経費になるわけではなく、アパート経営ならば建物にかかる固定資産税は必要経費となります。転勤の期間だけマイホームを賃貸に出している場合には、固定資産税全額を必要経費にはできないため、住んでいた期間に応じて算出します。

また、修繕費とは壊れたものを直すものなので、家賃上乗せを狙った物件価値を上げるリフォームなどは資本的支出となり、修繕費に含むことはできません。具体的には、避難階段の取り付けや模様替えなどを指します。
(出典:国税庁 HP No.1370 不動産収入を受け取ったとき(不動産所得)
    国税庁 HP No.1379 修繕費とならないものの判定

価値の減少を見積もる「減価償却」という考え方

事業用の建物や設備などの資産は、使用や時間の経過に応じて価値が減っていきます。価値が下がるのを見積もって必要経費に計上するのが減価償却です。例えば、ある建物の耐用年数が15年の場合、1年間に1/15ずつ価値が減少します。建物が1,500万円だとすると、1年に100万円ずつ価値が減少するので、その額を必要経費に計上します。主な構造の建物耐用年数は、国税庁のホームページや税務署などで確認できます。

確定申告の方法

「総合課税(各種の所得を合算した額に課税する制度)」方式をとる不動産所得では、給与所得などの他の所得と合算し、所得控除額を差し引いた上で、納税額を計算します。ただし、給与所得について年末調整を受けた場合は、不動産所得と給与・退職所得以外の所得の合計額が20万円以下ならば、確定申告は不要です。

不動産を相続した場合

故人からの相続で土地や建物を取得した場合には、土地代と減価償却した建物の簿価の合計額が基礎控除額を超えると、相続税の課税対象に該当します。相続人は、相続が開始しされる日(通常は被相続人の死亡日)の翌日から10カ月以内に、税務署に申告・納税する必要があります。このときに掛かった相続税に関しては、不動産所得に関する必要経費として計上することはできません。

このように、アパートやマンションから一定の家賃がある場合は、その規模にかかわらず確定申告が必要です。貸付のために発生した支出が必要経費なのかを確認した上で、総収入額を算出し手続きを行いましょう。

参考URL:
国税庁 HP アパートや賃家の賃貸収入がある人
国税庁 HP 財産を相続したとき

経費の管理でお悩みの方必見「MFクラウド経費」のご紹介

経費精算が面倒、と感じることがありませんか?

・領収証をエクセルに1件づつ入力するのが大変
・電車の運賃をいちいち検索して入力している
・経費精算を溜め込んでしまい、何時間もかかってしまう

MFクラウド経費を使うと、面倒な手入力がゼロになります。

・クレジットカードや口座、SuicaなどICカードの明細を自動取得
・レシート・領収証はカメラで撮るだけ、オペレーターが代わりに入力します
・経路検索するだけで、金額が入る
・OCRでレシート・領収証を読み取り

MFクラウド経費はPC、iPhoneとAndroidアプリでご利用いただけます。
無料でご利用いただけますので、ぜひお試しください。

経費精算システム「MFクラウド経費」

くわしい資料のダウンロードはこちら!
MFクラウド経費資料ダウンロード



無料で使えるクラウド型確定申告ソフト
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、インターネットバンクやクレジットカード等の対応金融関連サービス連携数No.1の全自動確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。30日間無料でご利用可能!まずはお試しください!

Pocket