確定申告の会場

インターネットなどである程度まで確定申告の方法はわかるものの、「本当にこれで合っているのか?」「この場合はどうすればいいの?」ということはたくさんあるのではないでしょうか。

ここではそもそも確定申告の会場はどこなのかということから、個人事業主である筆者が実際に確定申告に行った時の会場の様子をレポートします。会場に行けば確定申告はわかる。この記事を読めばきっとその意味が理解できるはず。

確定申告の会場ってそもそもどこなの?

確定申告の会場は「税務署」

確定申告の会場は基本的に管轄の税務署。また税務署によっては署以外でも確定申告の相談会場を設けているところもあります。また管轄に関わらず確定申告の相談と申告書の受付をしているのが広域申告センター等です。

確定申告の時期はどの会場も混雑するので、できるだけ公共交通機関を利用しましょう。

会場の営業時間と確定申告の期間

税務署は、確定申告の期間中も平常通りの営業しかしていません。つまり祝日を除く月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時までです。

平日しか会場が開いていないとなると、会社員の人などの場合、時間を作るのは難しいですよね。そんな人のために一部の税務署は、期間中だけ日曜日でも営業している日があります。平日に時間がとりにくい人は最寄りの税務署に問い合わせてみるといいでしょう。

確定申告の書類は会場にあり!

初めて確定申告をするという人の中には「確定申告の書類は一体どこで手に入るんだ?」と困っている人もいるでしょう。その答えは「会場」です。税務署や広域申告センターなどに行けば、全ての確定申告関連の書類が揃っています。他にも国税庁ホームページの「確定申告特集」でも各種書類が手に入ります。

【体験レポート】確定申告の会場ってどんな感じなの?

税務署員さん達がとにかく親切で丁寧!

税務署に入ると「確定申告会場はこちら」というような看板が置かれています。その先にあるのは確定申告の専用ブース。

確定申告に来ている人たちがパイプ椅子で順番待ちをしており、呼ばれた順に申告書作成・申告相談スペースに向かいます。そこには納税者一人一人に税務署員さん達がマンツーマンでついてくれます。

この職員さん達がとにかく親切で丁寧。筆者が「初めてで何もわからなくて。」と手ぶらで行った時も、嫌な顔一つせずに、まず何をすればいいのかを教えてくれました。

必要な書類さえあれば最後まで面倒を見てくれる!

その日は書類の書き方と必要な書類を教えてもらい、家に帰ったのですが、書き始めてみるとわからないことがどんどん出てきます。困った筆者は必要だと言われた書類だけを持って、その日のうちにもう一度税務署に向かいました。

そして「必要な書類だけは持ってきたんですが、書き方が全くわからなくて」と相談。すると、担当の税務署員さんは確定申告書が完成するまで、マンツーマンで指導してくれたのです。

どの書類のどの欄にどの数字を書くのかといった細かい点まで教えてくれました。ベテランの税務署員さんも常駐していて、若い職員さんの場合はわからないことがあればすぐにその人達に質問をしに行ってくれます。

確定申告会場では、申告書が完成すると、その申告書の内容をパソコンに打ち込んで納税額を確定する手続きまで行います。パソコンが苦手という人も大丈夫。この時もマンツーマンで職員さんがついてくれるので何の心配も要りません。

打ち込みが終わると所得税額が確定するので、その場で納税まで済ませることもできます。まさにワンストップ。会場に行けば、確定申告はわかります。

確定申告会場はとにかく混む!

こんなに丁寧に確定申告を教えてくれる会場ですが、1つだけ大きなデメリットがあります。それは「とにかく混む」ということ。

一度申告書作成・申告相談スペースに呼ばれてしまえばあっという間に終わるのですが、混んでいる場合はそれまでにかなりの時間がかかります。自分の順番が来るまでの時間は待っている人数だけでなく、待っている人の申告内容などにもよるため、時間を読むのはほとんど不可能。時間を潰すための本や、申告会場でもできるような仕事を持っていくのがオススメです。

またあらかじめ国税庁のホームページなどで必要な書類だけでも調べておけば、筆者のように2回も税務署に行く必要がなくなります。筆者は1回目に1時間待ち、2回目には2時間待ちました。最初から必要な書類を持って行っていれば、1時間待つだけで確定申告が終わっていたことになります。

まとめ

確定申告でわからないことだらけという人はまず会場に行ってみてください。

ワンストップで全ての手続きが終わるため、何時間もインターネットで調べて「ああでもない、こうでもない」と頭を悩ませるよりは、少し待ち時間が長くても会場に行く方が圧倒的に効率的です。確定申告は会場に行けばわかる。これは本当です。



無料で使えるクラウド型確定申告ソフト
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、インターネットバンクやクレジットカード等の対応金融関連サービス連携数No.1の全自動確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。30日間無料でご利用可能!まずはお試しください!

Pocket