【確定申告の手順】はじめてガイド

そろそろ確定申告の時期が近づいてきました。読者の中には今年はじめて確定申告をするという方もいらっしゃると思います。

本稿では、はじめて確定申告をする方向けに、確定申告で迷わないよう、確定申告の概要、提出期限と提出先のほか、確定申告の手順についても解説していきます。是非最後までご覧ください。

確定申告の概要

確定申告とは毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得金額とそれに対する所得税額を計算し、その間に源泉徴収または予定納税した税金などとの過不足を精算するための手続きです。

個人事業主など事業所得のある方で、事業所得から所得控除を差し引いた後の残額に所得税率を乗じて所得税額を計算したあと、さらに配当控除を差し引いても残額がある場合には確定申告が必要となります。

確定申告の申告書には「A」と「B」という2つの様式がありますが、事業所得のある方は申告書Bを使用します。

なお、確定申告には青色申告と白色申告があり、聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。実は青色申告には、さらに特別控除の最高額が10万円のものと65万円のものとがあります。

これら白色申告、10万円控除青色申告、65万円控除青色申告は、それぞれ作成が義務付けられている帳簿が異なります。

白色申告では、収入金額や経費を記載すべき帳簿を作成すれば足りるところ、青色申告の場合には、以下のような帳簿が必要になります。

青色申告特別控除10万円を受ける場合に必要な帳簿

現金出納帳、預金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳など

青色申告特別控除65万円を受ける場合に必要な帳簿

仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、預金出納帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳など

確定申告の期限と提出先

確定申告の申告期限(と納期限)は毎年3月15日です。申告期限が、土曜日、日曜日、祝日等の場合は、その翌日が期限となります。したがって、平成28年度の申告期限は平成29年3月15日(水)となります。

申告期限を過ぎた場合には延滞税が課せられますので、必ず申告期限内に確定申告をするようにしましょう。

作成した確定申告書は、住所地を管轄する税務署に郵送または持参します。e-Taxを使って電子申告することも可能ですが、e-Taxの利用には電子署名などが必要となり、追加で費用が発生することに注意が必要です。

確定申告の手順

確定申告は以下の手順で進めます。

手順① 確定申告に必要な書類を準備する

まずは、確定申告に必要な書類を準備しましょう。

例えば、事業所得の他に給与所得がある場合には源泉徴収票(原本)を用意します。また、各種控除のために、以下の書類も用意しておきましょう。

・医療費の領収書
・社会保険料や生命保険料、地震保険料の控除証明書
・寄附金(ふるさと納税含む)の受領書 
 など

手順② 確定申告書を準備する

前述の通り、確定申告書には「A」と「B」の二つの様式があります。事業所得がある方は「B」を使用します。

手順③ 付表と計算書等を準備する

ご自身の申告内容に応じて付表、計算書等を準備します。具体的には以下のようなものがあります。

・家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例の適用を受ける場合の必要経費の額の計算書
・給与所得者の特定支出に関する明細書
・特定証券投資信託に係る配当控除額の計算書
・(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書
・政党等寄附金特別控除額の計算明細書
・認定NPO法人等寄附金特別控除額の計算明細書
・公益社団法人等寄附金特別控除額の計算明細書
・住宅耐震改修特別控除額の計算明細書
・外国税額控除に関する明細書
・居住形態等に関する確認書
・所得の内訳書
・財産及び債務の明細書
・医療費の明細書
 など

手順④ 確定申告書を作成する

申告書の作成は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用することをお勧めします。

「確定申告書等作成コーナー」では画面の案内に従って入力することで税額などを自動計算してくれますので、計算ミスを防ぎ申告作業を効率化できます。

手順⑤ 添付、提示する書類を確認する

源泉徴収票などの添付書類は、添付書類台紙に張りつけます。

手順⑥ 確定申告書を提出する

提出期限内に住所地を管轄する税務署に申告書を提出します。

手順⑦ 納税する

以下の3つの方法で納税することができます。

①預貯金口座から振替納税する
②現金で納付する
③e-Taxで納付する

預貯金口座から振替納税する方法が一般的だと思われます。振替は4月中旬に行われますので、預貯金残高が納税額に不足することの無いように注意しましょう。

なお、還付を受ける場合は、申告書に記入した預貯金口座に還付金が振り込まれます。

これら確定申告の手順については国税庁のホームページの「確定申告特集(平成28年度版)」にて、手引きが掲載されていますので、こちらも参考にしてください。



無料で使えるクラウド型確定申告ソフト
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、インターネットバンクやクレジットカード等の対応金融関連サービス連携数No.1の全自動確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。30日間無料でご利用可能!まずはお試しください!

Pocket