2016年の確定申告はいつまで?個人事業主がすべきこと

final tax return by when

毎年確定申告を行なっている個人事業主も、今年初めて確定申告を行なう個人事業主も、確定申告をいつまでに行わなければならないのかわからなくなってしまうことがあります。

原則として確定申告は2月16日から3月15日となっていますが、該当日が土日祝日の場合は繰り下がることになるため、開始日の2月16日が2月17日や2月18日に変更することがあったり、終了日の3月15日が3月16日以降になったりすることがあります。

さらに2016年1月1日からマイナンバー制度が始まることもあり、ますます混乱してしまいがちです。

そこで、個人事業主がいつまでに何を準備しなければならないのかをまとめてみました。

確定申告はいつまで!?マイナンバー制度がはじまる2016年

2016(平成28)年1月1日からマイナンバー制度が始まりますが、確定申告に影響が出るのは2017年度(平成29年度)に行なわれる確定申告からとなります。

確定申告は1年間の所得に関する情報を申告し、納税する制度であるため、

・2015(平成27)年1月1日から12月31日までの確定申告期間は2016(平成28)年2月16日から3月15日まで

・2016(平成28)年1月1日から12月31日までの確定申告期間は2017(平成29)年2月16日から3月15日まで

となっています。

上記スケジュールにマイナンバー制度を関連付けてみましょう。

2016年(平成28年)2月16日から3月15日までに行われる確定申告は、2015年(平成27年)1月1日から12月31日までの内容を反映させることになります。2015年(平成27年)はまだマイナンバー制度が導入されていない時期となるため、マイナンバーを記載する必要はないということになるのです。

いつまでにマイナンバーを記載できる状態にしておく必要があるのかというと、2017(平成29)年分確定申告を行なう2017(平成29)年2月16日から3月15日までに準備しておく必要があるということになります。

青色か白色か いつまでに決めなければならないか

個人事業主の確定申告では青色申告制度と白色申告制度のどちらかを選択することになります。

青色申告制度を利用する場合は、「青色申告承認申請書」を3月15日までに税務署に提出する必要があります。既に事業を開始している個人事業主の場合、「青色申告承認申請書」を税務署に提出していなければ、白色申告制度を選択している状態となります。

その年の1月16日以降に新規事業を開始した場合は、事業開始日より2か月以内に提出する必要があります。

たとえば、既に事業を開始している状態で2016年4月1日に「青色申告承認申請書」を税務署に提出した場合、提出期限の2016年3月15日を過ぎてしまっているため、その年は青色申告ではなく白色申告をすることになります。

しかし、2016年4月1日に提出した「青色申告承認申請書」は2017年の3月15日までに間に合っていることになるため、翌年以降は青色申告制度を利用できることになります。

また2016年10月1日が事業開始日となる場合、いつまでに「青色申告承認申請書」を税務署に提出すれば、その年の確定申告から青色申告制度を利用することができるのかという疑問に対しては、2016年11月30日までに提出すればよい、ということになります。

青色申告制度を選択した場合は、青色申告特別控除額という特別控除を適用することが可能となり、大きな節税効果を期待することができます。実際に計算をして確認してみましょう。

青色申告特別控除前の事業所得が350万円の個人事業主が白色申告制度を利用した場合

350万円×20%-427,500円=272,500円

青色申告特別控除前の事業所得が350万円の個人事業主が青色申告制度を利用した場合

350万円-65万(青色申告特別控除額)×10%-97,500円=187,500円

272,500円-187,500円=85,000円

このように、青色申告制度を利用することによって納税額を85,000円節税することができるのです。

確定申告はいつまで?2016年3月15日までに納付・申告できるように準備

確定申告のために準備しなければならない書類を確認しましょう。

青色申告制度/白色申告制度 共通書類

・社会保険料の控除証明書
・配偶者や扶養家族の基本情報や収入の証明書
・医療費の領収書
・報酬などに関する源泉徴収票
・生命保険料、地震保険料の控除証明書
・保険金を受け取った場合の領収書
・小規模企業共済掛金の証明書
・寄附金の領収書
・ふるさと納税をした場合の証明書
・災害や盗難にあったときの被害額や支出の証明書
・印鑑や銀行の口座番号
・住宅借入金の年末残高証明書※
・登録簿謄本(家または土地/初年度のみ)※
・家や土地の売買契約書※
・住民票(引っ越した場合)※
※住宅ローン控除を受ける場合

青色申告制度を利用する場合に必要となる書類

・青色申告決算書
・確定申告書B
・収入に関する記録(現金出納帳、売上集計表など)
・経費に関する記録(領収証、通帳など)

白色申告制度を利用する場合に必要となる書類

・収支内訳書
・確定申告書B
・収入に関する記録(記帳書類など)
・経費に関する記録(領収証、通帳など)

領収書は自分で用意する書類となりますが、控除証明書などの書類は発行機関から送付されるため、未受領の状態で申告書の作成を始めると添付し忘れる可能性が高くなります。

添付忘れのリスクを未然に防ぐために、「申告書の手引き」のチェック表を活用することをオススメします。未受領の書類がある場合は、いつまでに受領しなければならないのかも合わせて確認しておきましょう。

確定申告書に添付・提示する書類

(出典:申告書に添付・提示する書類|国税庁HP

まとめ

確定申告はいつまでだったかな?そんな疑問に少しでも参考になったでしょうか?2016年の確定申告は2月16日から3月15日までです。

確定申告期間は1か月ありますが、書類を収集しているうちにすぐに納期が来てしまいます。確定申告では納期を過ぎると延滞税がかかります。初めて確定申告される方は申告も納付も早めに行なうことを心がけましょう。



無料で使えるクラウド型確定申告ソフト
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、インターネットバンクやクレジットカード等の対応金融関連サービス連携数No.1の全自動確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。30日間無料でご利用可能!まずはお試しください!

Pocket