投資信託の取引で確定申告が必要になる場合とは?

投資信託の取引で確定申告が必要になる場合とは?

投資信託の売却益や分配金には税金がかかりますが、源泉徴収されて確定申告が不要の場合もあれば、確定申告が必要になる場合もあります。 これから、投資信託の売却益や分配金について、どのよ…
特定口座とは?源泉徴収あり・なしの違いや確定申告との関係を解説

特定口座とは?源泉徴収あり・なしの違いや確定申告との関係を解説

株式の取得や譲渡、配当金の受け取りをはじめ、さまざまな金融商品を取り扱える証券会社の口座には、特定口座(源泉徴収あり・なし)、一般口座、NISA口座(つみたてNISA口座、ジュニア…
投資信託の確定申告

投資信託の確定申告

投資信託の分配金と売却益には、所得税と住民税が課税されます。源泉徴収されて確定申告が不要の場合もあれば、確定申告が必要になる場合もあります。ここでは、どのような場合に確定申告が必要…
二箇所から給与をもらっている場合

二箇所から給与をもらっている場合

最近では、ワークシェアリングのようにさまざまな働き方があり、パートの掛け持ちをする人も増えてきました。会社の役員を兼務したり、会社員や契約社員とパートをかけもちしたりするなど、二箇…
副業の確定申告はいくらから?20万円以下ならしないでいい?サラリーマン・会社員必見!

副業の確定申告はいくらから?20万円以下ならしないでいい?サラリーマン・会社員必見!

副業とは、本業以外の収入が発生する仕事を指します。通常、会社の給料などの給与所得や事業収入のある人が本業以外の収入を得たら、原則としてすべて確定申告する必要があります。 フリーマー…
家賃収入がある場合

家賃収入がある場合

アパートやマンションの家賃収入がある場合、確定申告が必要です。転勤の期間中にマイホームを賃貸として出す場合でも家賃収入になります。ここでは、家賃収入がある方の不動産所得の計算方法、…
退職金の確定申告は必要か?還付が考えられる3つのケース

退職金の確定申告は必要か?還付が考えられる3つのケース

定年退職をしたとき、または転職した場合でも、退職金に関する就業規則が定められているのであれば、退職金を受け取ることができます。 原則として、退職金は源泉徴収されるため確定申告の必要…
確定申告における雑所得の扱い|雑所得と事業所得の違いは?

確定申告における雑所得の扱い|雑所得と事業所得の違いは?

雑所得とは所得税の課税対象となる所得の1つであり、確定申告時に対応が必要です。今回は確定申告における雑所得の扱いについて、具体的な例を挙げながら解説します。 雑所得とは?どの種類の…
株式等の譲渡所得等の申告方法

株式等の譲渡所得等の申告方法

株式等の譲渡による課税 株式等の譲渡による所得への課税は、申告分離課税が適用されます。申告分離課税とは、総合課税とは別に課せられる分離課税のひとつで、確定申告時に他の所得とは別に課…
年金受給者の確定申告

年金受給者の確定申告

確定申告は、年金受給者にとって負担になることが考えられます。確定申告の不要な「確定申告不要制度」とはどんな条件でしょうか。また、高齢者や扶養家族に認められている特例措置など、知って…
確定申告の相談先と間違えやすいポイント

確定申告の相談先と間違えやすいポイント

確定申告書の作成を始めると、提出書類、記入方法などさまざまな疑問がわいてきます。基本的な疑問については、国税庁ホームページタックスアンサーで、税に関する身近な質問について確認するこ…