マネーフォワード クラウド確定申告確定申告ガイド

第九回“業務効率化”だけでなく“経営改善”もできる『マネーフォワード クラウド請求書』

マネーフォワード クラウドシリーズには、マネーフォワード クラウド請求書という請求書作成サービスがあります。
個人事業主がマネーフォワード クラウド請求書も活用することで、業務効率化はもちろんのこと経営改善にもつながることはご存じでしょうか。

今回は、マネーフォワード クラウド請求書とマネーフォワード クラウド確定申告を併用することのメリットについてご案内します。

マネーフォワード クラウド請求書でできること

請求書を作ると、自動で仕訳ができる

マネーフォワード クラウド確定申告の金融機関との口座連携機能、イチから仕訳を入れる必要がないので便利ですよね。
マネーフォワード クラウド請求書を使えば、請求書の仕訳も自動で作成されるようになります。

クラウド請求書連携については、以下のガイドをご参照ください。
「マネーフォワード クラウド請求書連携」機能の使い方

作成される仕訳は、以下のふたつです。
(1)売掛発生の仕訳
(2)入金予定の仕訳

(1)売掛発生の仕訳

1つ目の仕訳は、「売上と売掛金を計上する」仕訳(売掛発生の仕訳)です。
請求書から入力」画面で登録します。
この仕訳を登録することで、「売上高」と、「売掛金 (売上は後日受け取る時に使う科目)」 を計上されます。

(2)入金予定の仕訳

2つ目の仕訳は、「入金を計上する」仕訳(入金予定の仕訳)です。
1つ目の仕訳で、「売掛金」という科目で仕訳登録しましたが、売掛金が普通預金に入金される時の仕訳です。

2つ目の仕訳は、仕訳連携時には「仕訳帳」画面へ「未実現」という状態で登録されます。
これは仕訳として登録はされているが、実際には入金されていない状態を示しています。

入金があったタイミングで「会計帳簿」>「仕訳帳」画面で「実現」ボタンを押すと、 残高試算表などの表にも金額が反映するようになります。

また、「自動で仕訳」>「連携サービスから入力」画面で、入金の明細とマッチングさせて仕訳登録することも可能です。

このように、マネーフォワード クラウド請求書を使えば、面倒な仕訳入力が自動化されます。

税務調査の際に、売上計上の期ずれの確認をされる場合があります。請求書とマネーフォワード クラウド確定申告を連動させれば毎回請求書で設定した売上計上日でで計上されるので、そういった指摘を受けることもなくなります。

売掛金が管理できる

仕訳の登録をおこなえば、「レポート」>「収入先レポート」画面で取引先ごとの売掛金の状況が確認できるようになります。
売掛金の状況が一目瞭然なので、通帳片手に取引先ごとの売掛金の状況を確認する必要がなくなります。
「レポート」機能の使い方

レポート機能で、経営状況を把握できる

マネーフォワード クラウド請求書のレポート機能で、取引先ごとの請求した金額や平均請求額の確認ができ、 経営状況の把握にも役立ちます。
そして、請求書にタグをつけておけば、担当者ごとや業務内容ごとの確認をすることも可能です。今後の意思決定に役立ちます。
売上レポートの使い方

ワンクリックでメール・郵送で請求書が送れる、記録が残る

マネーフォワード クラウド請求書なら、ワンクリックでメールや郵送を使って請求書を送ることができます。
そのため、封筒を用意して宛名を書いて・・・といった面倒な手続きが一切不要になります。

請求書などの帳票を取引先にメールを送付する方法については、以下のガイドをご参照ください。
帳票のメール送信

images_20220131_08

見積書・納品書・請求書・領収書を自在に変換

マネーフォワード クラウド請求書では、作成した書類を、簡単に他の書類へ変換することができます。
例えば、始めに見積書を作成し、納品書、請求書、最後に領収書を作っていく場合にも、ワンクリックで書類を変換すれば、そのときに必要な書類がすぐに作成できます。
帳票の複製・変換

また、複数の納品書から1通の請求書を作成することも可能ですので、複数回の納品を行ってから請求書を送付する、という実務でありがちな工程にも対応しています。
合算請求書の作成

定期的な請求書送付には、請求書自動作成機能が便利

顧問料など定期的な送付が多い場合には、請求書毎月自動作成機能が便利です。
指定した期間ごとに自動で請求書が作成されるので、作業時間の大幅な短縮に繋がります。そして、送付機能も使えば請求書を数十秒で送れます。

また、自動作成により請求書の送付漏れがなくなり、請求できる期間がいつの間にか経過し、出せなくなっていた請求書ができてしまう懸念もなくなります

毎月自動作成の使い方

すべての送付履歴が残ります

送付履歴はすべて記録に残ります。
そのため忙しい時にありがちな、誤送付や二重送付も防ぐことができます。
「作業履歴」の閲覧方法

請求をまとめた請求書も簡単に作成できます

販売管理台帳機能を使えば、一定期間の請求を自動でまとめて、ひとつの請求書を作ることができます。
例えば、複数の依頼をまとめ、月に一度請求書を送るような場合に便利です。
販売管理台帳の使い方

クレジットカード決済にも対応

マネーフォワード クラウド請求書はクレジットカード決済にも対応しています。
お客さまの「クレジットカードで支払いたい」と言う要望にも対応できます。
クレジットカード決済機能

いかがでしたでしょうか。
なにより強調したいのは、マネーフォワード クラウド請求書を使えば、請求書業務をこのサービスに任せることができるということです。

人の作業が入ると、どうしても必要な作業を面倒と感じて後回しにしてしまったり、出すべき期間に請求書を出せなかったり、請求書送付の確認漏れやミスが発生してしまいます。
そのため、作業手順を考えずとも自動で請求書が作成される。そして仕訳にも登録される便利さは、単なる時間短縮以上の価値があると思います。

マネーフォワード クラウド確定申告とマネーフォワード クラウド請求書を使用して、今年度はさらなる経理効率化を目指してください!

業務効率化に成功した事業者の体験談もご一読ください。
事例集|請求書作成ソフト「マネーフォワード クラウド請求書」

マネーフォワード クラウド確定申告コラム

マネーフォワード クラウド確定申告コラムページ
コラム形式で、マネーフォワード クラウド確定申告の使い方のコツや入力例を案内しています。

更新日:2023年02月20日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。