マネーフォワード クラウド債務支払 使い方ガイド

「担当先」の操作方法

概要

このガイドでは、「担当先」画面の操作方法についてご説明します。
自身が担当者(当方)に設定されている支払先に対して、請求書の送付方法に関する依頼メールを送信できます。
※先方担当者や請求書読み取り用のメールアドレスは「取引先」画面にてご設定ください。

対象ページ

取引先>担当先

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド債務支払をご利用中のお客さま

目次

設定手順
利用できる変数

手順

設定手順

  1. 請求書の受領メールアドレスを通知する支払先にチェックを入れます。一斉送信する場合は、「取引先名」の左にあるチェックボックスにチェックを入れてください。
  2. ※支払先に先方担当者メールアドレスの設定を予め行う必要があります。設定がない場合チェックできません。

  3. 「メール作成」をクリックします。
  4. メールを作成します。
    必要に応じて自動入力されているテンプレートの文章を編集し、ご利用ください。
  5. なお、「${取引先名} 」のように「${ }」で囲うことで変数入力が可能です。
    ※「${ }」は半角で入力してください。

    利用できる変数は、こちらをご確認ください。

  6. 「送信」をクリックします。

利用できる変数

「${取引先名} 」のように「${ }」(半角)で囲うことで変数入力が可能です。
利用できる変数は下記となります。

項目名項目名の説明
事業者名自社の「事業者名」が表示されます。
取引名「取引先」の名称が表示されます。
支払先名「支払先」の名称が表示されます。
先方担当者名「先方の担当者名」が表示されます。
登録がない場合は、「担当者」と表示されます。
先方担当者メールアドレス「先方担当者メールアドレス」が表示されます。
当方担当者名「当方担当者名」が表示されます。
当方担当者メールアドレス当方担当者がマネーフォワードに登録しているメールアドレス(マネーフォワード ID)が表示されます。
請求書自動取込用メールアドレス「請求書自動取込用メールアドレス」が表示されます。
支払先を登録すると作成されるメールアドレスです。
デフォルトのメール文章は、ご自身のメールアドレスをToに設定し、CCに「請求書自動取込用メールアドレス」をご案内する文章になっています。「請求書自動取込用メールアドレス」だけを宛先に指定すると、そのアドレス宛にメールが届いているかどうかを確認する方法が、クラウド債務支払上で下書きが作成されていることでしか判断できなくなるためです。
何らかの事情で下書きが作成されなかったり、行き違いがあった際に確認ができるよう、従来通りご自身もしくやグループアドレス宛にも請求書を送っていただくことを推奨しています。
更新日:2022年03月21日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: