「Touch On Time」との勤怠連携を開始しました

Pocket

「Touch On Time」との勤怠連携を開始しました

いつもMFクラウド給与をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、株式会社デジジャパンが運営する勤怠管理クラウドサービス「Touch On Time(タッチオンタイム)」とのAPIによるサービス連携を開始しました。
これにより、MFクラウド給与上のボタンをクリックするだけで「Touch On Time」に登録されている従業員情報や打刻された勤怠情報、お客様が独自に作成したカスタムデータ項目を簡単に取り込むことが可能となりました。

利用対象

MFクラウド給与をご利用中のお客様

Touch On Timeとの連携設定

Touch On Timeでの接続文字列の取得

Touch On Timeから、連携をするための接続文字列を取得します。
Touch On Timeにログイン後、設定>その他>オプション>画面最下部にある、外部サービス連携用 接続文字列:マネーフォワード連携の文字列をコピーしてください。
※文字列が表示されていない場合は、Touch On Timeの窓口へお問い合わせください。

設定>その他をクリックします。

 

その他の中のオプションをクリックします。

 

オプション画面の最下部、外部サービス連携用 接続文字列:マネーフォワード連携の文字列をコピーし、MFクラウド側の画面に貼り付けます。

MFクラウド側の操作方法につきましては、以下「MFクラウド給与の設定」よりご案内いたします。

 

 

MFクラウド給与の設定

サイドメニューの[連携設定]をクリック>[Touch On Time]欄の右側[連携設定]をクリックします。
TOT連携.1

Touch On Time連携の画面が表示されますので、接続文字列を入力し[登録する]をクリックします。
TOT連携.2

連携が完了すると[Touch On Time連携を更新しました]とメッセージが表示されます。
連携を解除する場合は赤いごみ箱のアイコンを、接続文字列を変更する場合は[編集]より行います。

TOT連携.3

従業員情報の取り込み

連携完了後に[従業員情報]画面に遷移し、[従業員の追加/更新]ボタンを押すと、[Touch On Timeから従業員データを取り込む]ボタンが表示されますので、クリックします。

TOT連携.4

従業員データ取り込みの画面が表示されますので、[取り込む]をクリックします。

TOT連携.5

従業員の取り込みができました。紐付けられた従業員(勤怠データが取り込まれる従業員)には[勤怠]列にチェックが入ります。
※入社年月日、従業員コード等、一部の基本情報は自動反映されますが、基本給の金額や通勤手当等、給与計算に必要な情報は[詳細設定]より設定が必要です。
※上記設定で従業員のデータが取り込まれます。勤怠データの取り込み方法は以下にご説明します。

TOT連携.6

勤怠データの取り込み

勤怠データの取り込みは[給与計算]画面で行います。画面右上[メニュー]>[Touch On Timeから勤怠データをインポート]をクリックします。

TOT連携.7

[Touch On Timeから勤怠データをインポート]タブを選択し[勤怠をインポート]をクリックします。

TOT連携.8

※取り込みには最長で5分かかります。取り込み中は[勤怠データ取り込み中です。取り込みが完了するまで暫くお待ち下さい。]とメッセージが表示されます。取り込みが完了しても自動で更新はされませんので、定期的にページの更新を行い、確認してください。

勤怠データが反映されました。
11

Touch On Time連携の仕様

従業員の紐付け

・Touch On Timeの従業員データとMFクラウド給与の従業員データで照合を行い、紐付けられる従業員については紐付けが行われ、紐付けられない従業員は新規作成されます。

・Touch On TimeとMFクラウド給与の従業員データは、従業員コードを元に紐付けが行われます。例えば、Touch On Time上で従業員コードが[00001]の場合、MFクラウド給与の従業員コードが[00001]の者の勤怠データとして取り込まれます。

連携できる項目

連携できる項目は、以下の従業員項目、勤怠項目に加えて、お客様が独自に作成いただいたカスタムデータ項目および休暇区分も連携できます。

従業員項目

MF項目名TOT項目名備考
従業員コード従業員コード
苗字従業員 姓
苗字フリガナ従業員 姓 カナ
名前従業員 名
名前フリガナ従業員 名 カナ
性別性別
入社年月日入社年月日MF給与は必須項目のため、TOT側が空白の場合は
「取り込んだ日=入社日」となります。
退職年月日退職日同期以降は、同期対象外となります。

勤怠項目

MF項目名TOT項目名備考
出勤日数平日勤務回数
所定休日出勤日数法定外休日出勤日数
法定休日出勤日数法定休日出勤日数
欠勤日数欠勤取得日数
遅刻回数遅刻回数
早退回数早退回数
遅刻時間遅刻時間
早退時間早退時間
所定内出勤時間所定時間
所定内深夜出勤時間深夜労働時間
法定内残業時間所定外時間
残業時間残業時間
45時間超普通残業割増残業時間
60時間超普通残業割増残業時間2
深夜残業時間深夜残業時間
45時間超深夜残業割増深夜残業時間
60時間超深夜残業割増深夜残業時間2
所定休日所定内出勤時間法定外休日所定時間
所定休日所定内深夜残業時間法定外休日深夜時間
所定休日法定内残業時間法定外休日残業時間
所定休日残業時間法定外休日残業時間
所定休日深夜残業時間法定外休日深夜残業時間
法定休日所定内出勤時間法定休日所定時間
法定休日所定内深夜出勤時間法定休日深夜時間
法定休日所定内残業時間法定休日所定外時間
法定休日残業時間法定休日残業時間
法定休日深夜残業時間法定休日深夜残業時間
休暇みなし時間休暇みなし時間
休憩時間休憩時間

カスタムデータ項目

・お客様が独自でTouch On Timeで作成された「カスタムデータ項目」の月別データおよび、「休暇区分設定項目」の有休および代休の使用日数、使用時間数、残日数、残時間数を取りこむことができます。
・集計対象となる項目は、カスタムデータ項目設定画面で表示されている項目および、休暇区分設定画面で表示されている有休と代休とお客様が独自で作成した休暇区分です。
・Touch On Timeで設定している「パターン」の連携はできません。
・勤怠データインポートの前に、MFクラウド給与にTouch On Timeで使用しているカスタム区分の登録が必要です。

 

カスタムデータ項目の連携設定

[基本設定]>[勤怠項目]>[+追加]ボタンを押して、勤怠項目に、Touch On Timeで設定したカスタムデータ項目の名称を入力し、
[保存する]をクリックします。

・取得した日数を連携する際に、名称が完全一致していない場合は正常に連携されませんのでご注意ください。
・単位はTouch On Timeと同じ設定をしてください。

給与計算画面で、「Touch On Timeから勤怠データをインポート」をクリックすると、設定した項目にTouch On Timeの勤怠情報が取り込まれます。

休暇区分設定項目の連携設定

 

有休の連携設定

【基本設定>勤怠項目】
・有休使用日数:有効にチェックをしてください。
・有休使用時間数:有効にチェックをしてください。
・有休残日数:有効にチェックをしてください。
・有休残時間数:有効にチェックをしてください。
・使用時間数と残時間数の単位はTouch On Timeと同じ設定をしてください。
・最後に、[保存する]をクリックします

給与計算画面で、「Touch On Timeから勤怠データをインポート」をクリックすると、設定した項目にTouch On Timeの勤怠情報が取り込まれます。

Touch On Time 月別データ


・MFクラウド給与 給与計算画面>勤怠項目

代休の連携設定

【基本設定>勤怠項目】
・代休使用日数:有効にチェックをしてください。
・代休使用時間数:[+追加]ボタンを押して、勤怠項目に「代休使用時間数」、単位に時間の選択肢を設定してください。
・代休残日数:[+追加]ボタンを押して、勤怠項目に「代休残日数」、単位に「0.0日」を設定してください。
・代休残時間数:[+追加]ボタンを押して、勤怠項目に「代休残時間数」、単位に時間の選択肢を設定してください。
・給与明細で表示したいカテゴリ(出欠勤・実働時間・休暇)は自由に設定可能です。
・最後に、[保存する]をクリックします

給与計算画面で、「Touch On Timeから勤怠データをインポート」をクリックすると、設定した項目にTouch On Timeの勤怠情報が取り込まれます。

Touch On Time 月別データ


・MFクラウド給与 給与計算画面>勤怠項目

その他の休暇区分の連携設定

【基本設定>勤怠項目】
・各休暇の使用日数:[+追加]ボタンを押して、勤怠項目に「”休暇区分名称”+使用日数」、単位に「0.0日」を設定してください。
・各休暇の使用時間数:[+追加]ボタンを押して、勤怠項目に「”休暇区分名称”+使用時間数」、単位に時間の選択肢を設定してください。
・各休暇の残日数:[+追加]ボタンを押して、勤怠項目に「”休暇区分名称”+残日数」、単位に「0.0日」を設定してください。
・各休暇の残時間数:[+追加]ボタンを押して、勤怠項目に「”休暇区分名称”+残時間数」、単位に時間の選択肢を設定してください。
・給与明細で表示したいカテゴリ(出欠勤・実働時間・休暇)はご自由に設定してください。
・最後に、[保存する]をクリックします。

給与計算画面で、「Touch On Timeから勤怠データをインポート」をクリックすると、設定した項目にTouch On Timeの勤怠情報が取り込まれます。

Touch On Time 月別データ



・MFクラウド給与 給与計算画面>勤怠項目

Touch On Timeの操作に関するご質問につきましては、恐れ入りますがTouch On Time様へお問い合わせをお願い致します。

 

お客様のご意見をもとに機能拡充に努めてまいりますので、ご要望がございましたらMFクラウド給与画面右上の[お問い合わせフォーム]より、お気軽にご連絡ください。
引き続きMFクラウド給与をよろしくお願いいたします。

Pocket