生産性が上がるインボイス対応!ITが苦手でも明日から始められるやり方とは?

ご存じのように2023年10月にはインボイス制度が開始され、2024年1月には電子帳簿保存法が完全義務化されます。

帳票類の電子化が求められていく一方で、実務面では様々な制約のせいでなかなか紙資料や紙管理がやめられないといったことはないでしょうか?

 

本資料ではそのような、脱アナログがなかなかできない、けれどデジタル化を進めたいと考える方のためのヒントを紹介するものです。

インボイス制度が始まった後の実務に焦点をあて、適切な証憑類の管理や保存方法、記帳業務への連携のさせ方をお伝えしていきます。特に資料の保存や運用については、インボイス制度を機に効率的な運用方法に変えていくことが本資料の目的です。

 

本資料を見れば、紙管理が中心の現状からでもデジタルシフトを目指した、効率的なインボイス対応のイメージがつきます。ぜひご利用ください。

 

【主な内容】

  • インボイス制度を機に生産性を上げるには?
  • 紙資料・紙管理を変えていくには
  • 効率的なスキャンと保存・管理の方法とは

 

【おすすめの方】

  • インボイスに対応した業務フローが必要だが、まだイメージがわかない
  • 顧問先から送られてくる紙資料がいまだに多い
  • 紙保存をそろそろ切り替えたいが、何から始めればよいかわからない

 

監修者情報

セブンセンス税理士法人 島口雅

島口 雅 (しまぐち まさし)
セブンセンス株式会社 / DX支援部 コンサルタント

2010年アイクスグループ (現 セブンセンスグループ) 入社。
システム部門で採用され、社内サポート、業務管理表の作成を担当。
2015年より社内の季節業務推進として、年末調整から確定申告までの企画、運営を担当。
同年より、社外向けにペーパーレス化の仕組を指南する、PSL (ペーパーストックレス) コンサルに携わる。
現在は会計事務所コンサルタントとしてPSL導入支援を行っている。

下記フォームに必要事項を入力し、送信してください。

マネーフォワード クラウドとは?

マネーフォワード クラウドは、バックオフィスに関する様々なデータを連携し、経理や人事労務における面倒な作業を効率化する事業者向けSaaS型サービスプラットフォームです。全国14万を超える法人及び個人事業主、また士業事務所の36,000人を超える方々にご利用いただいております。

運営会社情報

株式会社マネーフォワード
東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21階

STREAMED(ストリームド)とは?

STREAMED(ストリームド)は、領収書や通帳などの証憑画像をスキャンするだけで、1営業日以内に仕訳データを納品する「紙証憑の自動記帳サービス」です。セブンセンスグループをはじめ全国の4,000を超える会計事務所に導入いただいています。マネーフォワードグループの株式会社クラビスが運営しています。

運営会社情報

株式会社クラビス(マネーフォワードグループ)
東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 20階・21階 電話番号:050-5434-8298