インボイス制度でどう変わる?会計事務所の業務フローまるわかりガイド

インボイス制度の導入によって会計事務所の業務フローに影響があるとされています。特に従来の業務フローに加えて、インボイスの発行や保管だけでなく、登録番号の確認などの手間が増えることが予想されます。

 

【主な影響を受けるポイント】

  • インボイスの発行・保管
  • インボイスの受領・保管
  • インボイスに記載された登録番号の確認・照会

 

これらのポイントについて、会計事務所の従来の業務フローに取り入れつつ効率的な運用を検討していく必要があります。

 

こちらの「インボイス制度でどう変わる?会計事務所の業務フローまるわかりガイド」では、インボイス制度開始後の業務フローについて、検討すべきポイントや具体的な流れについて、図解でわかりやすく解説しています。

 

また、増える業務の手間についてどのように効率的に運用していけば良いのか、マネーフォワード クラウドを例に活用方法を提案しています。

さらに2022年12月時点の各種プロダクトのアップデート方針についても紹介しております。

 

この資料をご覧いただければ、インボイス制度下での業務フローやツールの活用のイメージを持つことができます。

ぜひご活用ください。

 

【おすすめの方】

  • インボイス制度での業務フローのイメージを持ちたい
  • インボイス制度で役立つマネーフォワードのプロダクト機能を知りたい

 

【主な内容】

  • インボイス制度の概要
  • 事業者(顧問先)への業務フローの影響と変化
  • 会計事務所の業務への業務フローの影響と変化
  • マネーフォワードの制度対応・各種サービスの開発予定
  • 決済関係をよりスムーズにするには
  • 既存ソフトを入れ替えずにインボイス対応するには

 

※法令については公開時点(2022年12月)の内容に基づいています。

下記フォームに必要事項を入力し、送信してください。

マネーフォワード クラウドとは?

マネーフォワード クラウドは、バックオフィスに関する様々なデータを連携し、経理や人事労務における面倒な作業を効率化する事業者向けSaaS型サービスプラットフォームです。全国14万を超える法人及び個人事業主、また士業事務所の22,000人を超える方々にご利用いただいております。

運営会社情報

株式会社マネーフォワード
東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21階

STREAMED(ストリームド)とは?

STREAMED(ストリームド)は、領収書や通帳などの証憑画像をスキャンするだけで、1営業日以内に仕訳データを納品する「紙証憑の自動記帳サービス」です。セブンセンスグループをはじめ全国の4,000を超える会計事務所に導入いただいています。マネーフォワードグループの株式会社クラビスが運営しています。

運営会社情報

株式会社クラビス(マネーフォワードグループ)
東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 20階・21階 電話番号:050-5434-8298