電子帳簿保存法の概要と対策ガイド

2022年1月1日に施行された電子帳簿保存法の改正により、電子取引情報の保存ルールが変更されました。今まで一部の企業しか利用できなかった制度が多くの中小企業でも利用がしやすくなる一方で、すべての事業者が対象となる電子取引については、要件が一部強化されます。

 

本ホワイトペーパーでは、改めて電子帳簿保存法の概要を解説するとともに、会計事務所の皆様が顧問先に当該制度への対応策を共有できるように解説しております。

本資料を通じて、是非とも顧問先へのお役立ち情報の共有にご活用下さい。

※所得税と法人税を申告する事業者

 

こんな方におすすめ
・電子帳簿保存法の概要について知りたい
・顧問先に制度の概要と対策方法について共有したい
資料の内容
・電子帳簿保存法の概要と改正内容について
・電子帳簿保存について
・スキャナ保存について
・電子取引について
・マネーフォワード クラウドの電子帳簿保存法対応について

下記フォームに必要事項を入力し、送信してください。

マネーフォワード クラウドとは?

マネーフォワード クラウドは、バックオフィスに関する様々なデータを連携し、経理や人事労務における面倒な作業を効率化する事業者向けSaaS型サービスプラットフォームです。全国14万を超える法人及び個人事業主、また士業事務所の22,000人を超える方々にご利用いただいております。

運営会社情報

株式会社マネーフォワード
東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F

STREAMED(ストリームド)とは?

STREAMED(ストリームド)は、領収書や通帳などの証憑画像をスキャンするだけで、1営業日以内に仕訳データを納品する「紙証憑の自動記帳サービス」です。セブンセンスグループをはじめ全国の4,000を超える会計事務所に導入いただいています。マネーフォワードグループの株式会社クラビスが運営しています。

運営会社情報

株式会社クラビス(マネーフォワードグループ)
東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル 8F 電話番号:050-5434-8298