【上申用資料テンプレート】 電子帳簿保存法を最小限で対応するデメリットとは?

電子帳簿保存法を最小限で対応するデメリットとは?

2024年1月から始まる電子取引データの保存義務化
とりあえずこれまでの紙運用に加えて、電子取引データだけ電子保管をするという最小限の対応をされている方も多いかと思います。
そんな中で増えてきているのが、「紙か電子どちらで受領しているかの管理が大変、保管の場所が複数あって税務調査の対応が不安…」といったお悩みです。
また業務フローを見てみると、そこには業務負荷が高まるポイントやミスに繋がる落とし穴が隠れています。
しかしながら、「会社の方針で最小限の対応をせざるをえない」という声も多いのが現状です。
そんなご担当者の方向けに、上申用資料のテンプレートもご用意いたしました。
是非この機会に一度、業務を見直してみませんか?

主な内容

  • 電子帳簿保存法をミニマムで対応した際の業務負荷が高まる4つのポイント
  • 上申用資料のテンプレート

※フォームが表示されない場合は、広告ブロック機能が原因の可能性があります。お使いの広告ブロック機能を一時的に無効にするか、別のブラウザをお試しください。

SSL暗号化通信によってこのページはセキュリティで保護されています。個人情報については、「個人情報の取扱について」に従って適切に取り扱わせていただきます。