MoneyForward クラウド

働き方改革推進支援助成金の活用で最大150万円補助!

テレワーク導入を
ワンストップでサポート

現在、受付を停止しております

働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)とは

時間外労働の制限その他の労働時間等の設定の改善及び仕事と生活の調和の推進のため、
在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主に対して、
その実施に要した費用の一部を助成するものです。

マネーフォワードは企業様のテレワーク導入をサポートいたします

ハードもソフトもテレワークに必要なツールをまとめて
お申し込み可能
補助金・助成金の
申請をサポート
テレワーク導入に関する
相談を受け付け

テレワークに必要なツールをまとめてお申し込み可能

ビジネス仕様のノートPCで
在宅でも快適な業務スピードを実現します。

インターネット環境で
ファイル共有・ドキュメント作成ができます。

チャット・テレビ会議で
コミュニケーションを活性化できます。

バックオフィス業務を
テレワークで完結できます。

※ G SuiteはGoogle LCC の商標です。

現在、受付を停止しております
IT導入補助金活用について

助成金活用例

通常時

  • クラウドサービスA 10万円
  • クラウドサービスB 10万円
  • クラウドサービスC 10万円
  • 導入支援 30万円
  • ご購入サービス合計 60万円

助成金活用時

  • ご購入サービス合計60万円
  • 助成金▲30~45万円
  • 実質ご負担額15~30万円

貴社に最適な補助金・助成金をご提案します。

テレワーク導入に活用可能な補助金・助成金の比較表※1

IT導入補助金 働き方改革推進支援助成金
(テレワークコース)
テレワーク活用・
働く女性応援助成金
特別枠 通常枠 特別枠 通常枠
運営元 経済産業省 厚生労働省 東京しごと財団
申請期限 2020年6月・9月・12月を予定 情報未定
※情報が開示され次第追記予定です
2020年12月1日 情報未定
※情報が開示され次第追記予定です
1企業あたり
補助額
30万円〜450万円 〜150万円※2
補助率 2/3 1/2 1/2~3/4
対象経費 ハードウェアレンタル費、ソフトウェア費、導入関連費等 ソフトウェア費、導入関連費等 シンクライアント端末(PC等)の購入費、ソフトウェア費、導入関連等

※1クラウドサービスの利用料半年以上が補助される補助金・助成金について比較表を作成したもの。
※2助成金の公募要領上定めらている成果目標達成時の助成額。

テレワークに最適なノートPC&モニター

HP 250 G7/CT Notebook PC スタンダードモデル

ご提供価格 :82,800円(税抜)※5月末以降、納品可能となる予定です。
ご希望のお客様はお問い合わせフォームよりご記入ください。

HP 250 G7/CT Notebook PC スタンダードモデル

  • ・型番:5KX42AV-AAFO
  • ・画面サイズ:15.6型HD
  • ・OS:Windows 10 Pro (64ビット) 日本語
  • ・CPU:Core i5-8265U
  • ・HP TrueVision HD Camera(約92万画素)
  • ・メモリ:8GB
  • ・ストレージ:256GB SSD
  • ・光学ドライブ:DVDライター
  • ・Office:なし
  • ・保証:1年間引取修理
  • ・指紋センサー:なし
HP 21.5インチワイドIPSモニター P224

ご提供価格 :10,800円(税抜)※5月末以降、納品可能となる予定です。
ご希望のお客様はお問い合わせフォームよりご記入ください。

HP 21.5インチワイドIPSモニター P224

  • ・型番:9YF44AA#ABJ
  • ・画面サイズ:21.5インチ
  • ・解像度:1920×1080(フルHD)
  • ・輝度:250cd/m²
  • ・パネルタイプ:IPS
  • ・コントラスト比:1,000:1
  • ・入力端子:VGA、DisplayPort、HDMI
  • ・同梱ケーブル:VGA、DisplayPort、HDMI
  • ・保証:3年間センドバック

マネーフォワード経由にてお申し込みいただくメリット

クラウドサービスの
豊富なラインナップ

マネーフォワード クラウドシリーズ以外にも多様なクラウドサービスをご案内することが可能です。

活用相談

複数の補助金・助成金制度のうち、貴社のご状況を踏まえて最適な制度の活用をご案内いたします。

導入サポート

マネーフォワード クラウドシリーズのご導入にあたっては、多様な活用支援を展開し、安心してご利用いただける体制を構築しております。

現在、受付を停止しております
IT導入補助金活用について

助成対象企業

  1. (1) 労働者災害補償保険の適用事業主であること
  2. (2) 次のいずれかに該当する事業主であること
A.資本または出資額 B.常時雇用する労働者
小売業(飲食含む) 5,000万円以下 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
その他の業種 3億円以下 300人以下
  1. (3) テレワークを新規で導入する事業主であること
    ※試行的に導入している事業主も対象です又はテレワークを継続して活用する事業主であること
    ※過去に本助成金を受給した事業主は、対象労働者を2倍に増加してテレワークに取り組む場合に、2回まで受給が可能です
  2. (4) 時間外労働の制限その他の労働時間等の設定の改善を目的として、在宅又はサテライトオフィスにおいて、就業するテレワークの実施に積極的に取り組む意欲があり、かつ成果が期待できる事業主であること
現在、受付を停止しております
IT導入補助金活用について

支給額

成果目標※の達成状況 達成 未達成 助成対象となる取り組み
補助率 3/4 1/2
  • ・テレワーク用通信機器の導入・運用(※)
    ※シンクライアント端末(パソコン等)は対象となりますが、シンクライアント以外のパソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は対象外となります。
  • ・保守サポートの導入
  • ・クラウドサービスの導入
  • ・就業規則・労使協定等の作成・変更
  • ・労務管理担当者や労働者に対する研修、周知・啓発
  • ・外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング 等
1人当たりの
上限額
20万円 10万円
1企業当たりの
上限額
150万円 100万円

成果目標の設定

  • 1.評価期間※に1回以上、対象労働者全員に、在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークを実施させる。
  • 2.評価期間において、対象労働者が在宅又はサテライトオフィスにおいてテレワークを実施した日数の週間平均を、1日以上とする。
  • 3.所定外労働の削減について、労働者の月間平均所定外労働時間数を前年と比較して5時間以上削減させる。
    ※評価期間は事業実施期間(交付決定の日から令和3年2月15日まで)の中で、1か月から6か月の間で申請者が設定する「評価期間」で判断します。

今後のステップ

お問い合わせ
申請商材選定
交付決定
事業実施※
支給申請
支給

※事業実施期間は交付決定日~2021年2月15日迄

現在、受付を停止しております
IT導入補助金活用について