「財務応援の仕訳エクスポート」機能の使い方

機能説明

MFクラウドで登録した仕訳を、財務応援でそのままお取り込みいただけるフォーマットでエクスポートすることができます

対象ユーザー

MFクラウド会計・MFクラウド確定申告ユーザー

対象ページ

他社ソフトデータの移行

使用ポイント

MFクラウドで登録した仕訳を財務応援で利用したい

MFクラウドで登録した仕訳をそのまま取り込めるフォーマットで出力が可能です

使用方法

各種設定>他社ソフトデータの移行>財務応援を開きます。
仕訳をエクスポートのエクスポートボタンをクリックします。

エクスポート1

1. 勘定科目で、検索キー(勘定科目コード)の設定をする※初回、または科目追加時

各種設定>勘定科目で財務応援の勘定科目コードを、該当する科目の「検索キー」として設定します。

財務応援の仕訳データファイルに必要な勘定科目・補助科目のコードは、MFクラウド会計の勘定科目の「検索キー」を利用しているため、連携する勘定科目の検索キーに財務応援の勘定科目コードを設定する必要があります。
(使用していない勘定科目については、設定する必要はありません。)

エクスポート2

2. 仕訳データファイルをエクスポートをする

エクスポートのページにて、ご利用中の応援シリーズと出力期間などを指定し、[エクスポート]ボタンを押します。

(1)エクスポート先パッケージ(財務応援・財務応援R4)
(2)出力する期間
(3)出力のソート順
(4)開始仕訳も対象に含めるかを選択します。
上記項目を選択後、「エクスポート」ボタンをクリックしてください。

エクスポート3

消費税の経理方式が「税抜(内税)」設定の場合のみ、[仮受消費税等]、[仮払消費税等]の仕訳が追加された、税抜き(別記)相当のエクスポートと、税込相当の出力を選べるようになります。
通常、MFクラウド側の経理方式が税抜(内税)だと、出力される仕訳金額の額面上は税込のものと変わらなくなるので、「税込」を選択しないと消費税額がずれる可能性がございます。

※部門設定がある場合、又は勘定科目・補助科目で検索キーを設定していない場合
上記「エクスポート」ボタンクリック時、部門の設定がある場合、または勘定科目・補助科目の検索キーを設定していない場合は、以下のようにリストアップされます。

エクスポート4

リスト内のテキストボックスに、財務応援のコードを入力することで、仕訳データファイルにコードを出力することが可能です。
出力対象期間の仕訳のうち、「検索キー」の指定がないもの、「検索キー」が4桁以内の数値ではないもの、「部門の設定」が自動でリストアップされます。

なお、当該リスト内のコード指定は仕訳データ作成用の一時的なもので、保存されません。勘定科目・補助科目については、上記『1.「勘定科目の設定」で、検索キー(勘定科目コード)の設定をする』を実施してください。(部門については、毎回指定する必要があります)

3. 財務応援で仕訳テキストファイル取込をする

【財務応援】

メニュー > [F10]ユーティリティ > 54.仕訳テキストファイル取込から、MFクラウドでエクスポートしたファイルのインポートを行います。

財務応援

【財務応援R4】
業務メニュー > 08.連動 > 33.仕訳データ取込から、MFクラウドでエクスポートしたファイルのインポートを行います。

財務応援

※摘要は48Byte(全角24文字、半角48文字相当)しか取り込めないため、文字数を超過した時は48Byteまでに文字数を調整して取り込みします。