「勘定科目の設定」機能の使い方

機能説明

MFクラウド会計・確定申告で使用する勘定科目・補助科目の設定を行う項目です。
以下の設定が可能です。

・勘定科目・補助科目の追加
・勘定科目・補助科目の削除(手動で追加した科目のみ)
・標準で登録された勘定科目の非使用設定
・簡単入力で使用する勘定科目・補助科目の設定

対象ユーザー

MFクラウド会計・確定申告ユーザー

対象ページ

勘定科目の設定
仕訳帳

使用ポイント

簡単入力の勘定科目の登録

簡単入力ではシンプルに使用できるよう、予め表示される勘定科目を絞り込んでいます。
簡単入力の設定から、使用する科目を選ぶことができます。

標準登録の科目の設定

標準で登録のある科目は削除することができません。
勘定科目については勘定科目名左のチェックをはずすことで、使用しない設定にすることができます。
しかし、標準登録された補助科目については使用しない設定にすることができません。

勘定科目CSV

勘定科目のインポート・エクスポート用CSVについては、科目の追加と編集のみ可能です。

データ連携で使用する勘定科目・補助科目の指定

データ連携で使用する勘定科目・補助科目を指定するには、登録済一覧ページの口座情報ページを開き、科目を指定し直すことで可能です。

画面説明

items01.png

(1)貸借対照表の勘定科目を設定するか、損益計算書の勘定科目を設定するかを選択します。
製造原価科目や不動産科目を使用する設定の場合は、選択肢に表示されます。
(2)勘定科目仕様の有無を選択します。チェックを外した場合は、仕訳入力時の選択肢に表示されません。
(3)勘定科目の設定画面に表示させるかを選択します。
(4)各科目を追加します。

使用方法

1.決算書科目・勘定科目・補助科目の追加

(1)追加する科目のボタンをクリックします。

items02.png

(2)表示された各項目を入力し「登録」をクリックします。

items03.png

(3)勘定科目が追加されました。なお、各科目の位置はドラッグアンドドロップで移動が可能です。

items04.png

2.勘定科目・補助科目の削除・非表示

勘定科目、補助科目は各科目右側の削除ボタンを押すことで削除が行えます。
初期設定されている勘定科目は削除ができません。使用しない場合は勘定科目の左側のチェックボックスを外してください。

items05.png

ただし、仕訳でその科目が使われている場合(過去年度も含む)、仕訳テンプレートや自動仕訳ルールに勘定科目が使用されている場合には、
削除が行えません。詳しい削除方法については、FAQをご確認ください。

Q.勘定科目(補助科目)が削除できません。方法を教えてください。

3.CSVを使用した勘定科目・補助科目の取り込み

ファイルのエクスポートを行い、エクセルで勘定科目や補助科目を追加しインポートを行うことが可能です。

(1)画面右上「エクスポート」をクリックします。

items06.png

(2)「Excel用(Shift-JIS)」か「その他(UTF-8)」かを選択し「エクスポート」をクリックすると、ファイルをダウンロードします。

items07.png

(3)ダウンロードしたファイルの形式に応じて、追加する科目を記入し保存した後に、画面右上の「インポート」をクリックします。

items08.png

(4)ファイルを指定して「インポート」をクリックすると勘定科目が追加されます。

items09.png

4.簡単入力での勘定科目の設定

(1)画面左上「簡単入力用」をクリックします。

items10.png

(2)支出で使用する勘定科目を追加するか、収入で使用する勘定科目を追加するか選択します。

items11.png

(3)画面左の勘定科目一覧から右の「簡単入力の支出(収入)用勘定科目」にドラッグアンドドロップすることで追加されます。

items12.png

5.留意事項

「諸口」を使用する場合

MFクラウド会計・確定申告では、基本的には諸口を使用することなく仕訳登録が可能です。
詳しくは下記のページを参照してください。

Q.仕訳登録の際、「諸口」を使用して仕訳を登録したい。