「連携データの選択」機能の使い方

機能説明

連携データは、オーナー権限を持つユーザーアカウント(メールアドレス)に紐つきます。
MFクラウドで作成した事業所にとって不要な連携データはこちらの機能で使用/不使用を選択していただけます。

例えば、同一のユーザーアカウントで家計簿アプリ「マネーフォワード」を利用している場合や、複数の事業所を管理している場合でA事業所では取り込みたいがB事業所では取り込みたくない口座がある場合に、ご活用ください。

対象ユーザー

MFクラウド会計・確定申告をご利用中の方

対象ページ

データ連携>登録済一覧>連携データの選択
連携サービスから入力(取り込まれた明細は、こちらで仕訳として登録します。)

使用方法

1.「連携データの選択」を表示

画面左側、「データ連携」のプルダウンンメニューから「登録済一覧」を選択し連携データの選択タブをクリックします。

group_01

2.連携サービスの使用/不使用を選択

チェックボックスにチェックを入れて[保存]をクリックするとご利用中の事業所で該当の連携サービスの明細を使用することができます。
不使用にする場合はチェックを外して[保存]をクリックしてください。

group_02