「登録済一覧」機能の説明

機能説明

連携サービスの登録情報の閲覧、編集、インポート、削除、再取得などが可能です。

対象ユーザー

MFクラウド会計・確定申告をご利用中の方

対象ページ

登録済一覧
連携サービスから入力(取り込まれた明細は、こちらで仕訳として登録します。)

使用方法

1.登録済一覧タブを選択

「データ連携」をクリックし、画面上部の「登録済一覧」タブを選択します。
service_list_01

2.登録済みの連携サービス一覧が表示されます。

手動、自動、それぞれの登録済み連携サービスがすべてご覧いただけますので、こちらから該当のサービスについて各種操作が可能です。

service_list_02

3.銀行・カード等のサイトからダウンロードした取引明細のCSVをインポート

初期の状態で存在していない銀行やカードの名称は、プルダウンの[新規作成]を選択していただくことで作成可能です。

service_list_03

4.登録情報の編集

ログインパスワードを各連携サービス側で変更された場合は、こちらでも登録情報の変更内容を反映してください。
変更が反映していない状態では、明細が取得できませんのでご注意ください。

service_list_04

5.科目設定

連携サービスを登録すると自動的にサービス名や口座番号などから補助科目が自動生成されます。
すでに同じ口座で仕訳の登録があるケースで補助科目名を揃えるには、こちらで補助科目を任意のものに設定可能です。
なお、この操作は該当の明細から仕訳を登録する前に行っていただくことをお勧めいたします。

service_list_05

6.明細一覧

自動取得した明細の一覧をご参照いただけます。各種項目から検索も可能です。
ステータスはそれぞれ下記の意味合いとなります。

■未入力:自動取得した明細の状態で、仕訳として登録されていない
■入力済み:明細が仕訳として登録された状態
■対象外:明細が帳簿上対象外となっている
     ※明細から登録された仕訳を削除するとこのステータスとなります

service_list_06

なお、対象外を解除すると明細は再び連携データのページに戻り再度仕訳登録が可能になります。

明細の再取得

オーナーアカウントであれば、明細の手動取得が可能です。
オーナーアカウントでログインし、再取得ボタンを押します。

service_list_07

追加認証など、確認が必要な場合には

追加認証が必要な場合など、ユーザーの確認が必要な場合には、赤い三角マークが表示されます。
赤い三角でエラーマークが表示された場合にはマークをクリックし、エラーメッセージをご参照ください。
その際、ワンタイムパスワードや合言葉を求められた場合には、青色のリンクをクリックし、入力を行ってください。

service_list_08

追加認証の場合には、下記のような追加認証画面が表示されます。表示された指示に従い、入力をおこなってください。

service_list_09

API再連携の手順

API連携方式でデータ連携を行っている場合、定期的に再連携が必要です。
再連携が必要な場合、登録済み一覧ページに下記のようなメッセージが表示されます。
リンクをクリックしてください。

ボタンをクリックすると、金融機関のページにログインします。必要事項を入れた上で再連携をおこなってください。
※電子証明書方式でログインする金融機関の場合、ログインの際電子証明書が必要です。