残業時間が大幅削減! 少数精鋭でやりきるためのカラダノートの業務改善

2020年10月に東証マザーズへ上場した株式会社カラダノート。急成長を続ける同社では、3名で上場準備をやり切り、上場後も体制を変えないまま残業時間の大幅削減に成功しています。上場後の業務負荷を見据えたツール選定や、少数精鋭だからこそ無駄を省いた業務フローなどご経験に基づいてお話いただきます。

開催日時 2021.10.13 WED 12:05-12:40

平岡 晃 氏

株式会社カラダノート
取締役CFO

2010年日立製作所入社し、財務経理業務、全社プロジェクトに従事。その後、コンサルティング会社にて、M&A、IPO準備、決算早期化、事業再生等を経験。ミクシィでのM&A、子会社成長支援を経て、2017年2月にカラダノート(旧プラスアール)に入社し、IPO準備、コーポレート部門の組織構築に従事。