【法人口座比較まとめ】経営者が選ぶべき銀行口座はここだ!

【法人口座比較まとめ】経営者が選ぶべき銀行口座はここだ!

はじめに

企業間での取引を行う場合、規模や業種を問わず必要となるのが法人口座です。会社が存続し続ける限り、基本、法人口座とはずっと付き合っていくことになるので、自社に合った銀行を比較検討し、選択することは重要なことです。

そこで今回は、新しく法人口座を開設する際に必要な書類や各銀行の手数料、サービスを中心にそれぞれの銀行を比較していきます。ぜひ、自社に合った銀行を法人口座の比較の中から見つけていただければと思います。

 

法人口座について

法人口座と一般口座の違い

一般口座の場合、免許証やその他の書類を数点、そして少しの現金があれば誰でも簡単に口座を開設することができます。

法人口座を開設する場合を一般口座を開設する場合と比較すると、法人であることを証明するための書類を多数準備する必要があります。また最近では振り込め詐欺などの犯罪を法人格の口座で悪用されるのを未然に防ぐため、より厳しい審査がされることが多いようです。

それでは、法人口座を開設するために、どういった書類が必要となるのか見ていきましょう。

法人口座開設時に必要な書類一覧

法人口座開設時に一般的に必要とされる書類が以下の通りです。

•口座開設依頼書(窓口に配置されている書類)
•登記事項証明書(登記簿謄本)
•認証を受けた会社の定款
•法務局から交付を受けた代表取締役の印鑑証明書
•法務局へ届け出た代表印
•銀行印に使用する印鑑
•本人の身分証明書

当然、銀行によって必要な書類は異なりますので、詳細は以下の銀行名より各銀行で必要な書類をご確認下さい。

三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
楽天銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行

また実際に法人口座の開設を予定される方は、必ず開設予定の銀行に一度お問い合わせただくことをオススメします。

 

法人口座開設時のスケジュール

法人口座開設手続きの流れ

法人口座を開設する際の注意点として、法務局での手続きが必要な書類があったり、会社設立後、1〜2週間経たないと登記簿謄本を取得できないといったことがあります。

加えて、法人口座の開設時の審査が1〜2週間要するため、会社設立時から口座開設まで含めると1ヶ月弱かかります。経営者、担当者の方は上記のスケジュール感を加味した上で各手続きを進めて行く必要があるでしょう。

 

法人口座の開設を断られる理由

次に抑えておきたいのが、法人口座の開設を断られる理由です。

時間をかけて書類を用意したのにもかかわらず、窓口で断られるといった例も少なくありません。 再度準備し、出向くというのは時間を使うだけでなく、細かい作業が多く精神的にも負担となるため、事前に断られる可能性のある要因を確認しておくことが大切です。

特に以下の3点が、法人口座の開設を断られる典型的な例です。

1.資本金の額が低すぎる

2.事務所の実態がない

3.事業目的や内容が不明瞭及び不適切

上記を見てみると、どれも曖昧さが原因となるものであり、そういった法人に対しては口座を開設させづらいというのが容易に想像できます。

現在は1円で会社を設立できる時代ですが、やはりそれだけでは銀行への信頼としては不十分ですし、例え自宅と兼用であっても、オフィスとして使う場所が無いと、必要以上に疑われることになってもおかしくありません。

事業目的についてもわかりやすく説明できるように、準備をしておきましょう。

 

法人口座開設のための銀行比較表

必要書類や口座開設の際の注意点を踏まえ、次はどの銀行で具体的に法人口座を開設するのが自分の会社に適しているのか、以下の銀行7行の比較表を元に比較していきたいと思います。

表については、メガバンクの4行とネットバンクの3行で比較しています。

メガバンク

銀行名三菱東京UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行
月額基本料2,160円2,160円2,160円2,160円
振込手数料同行同一支店
3万円以下:108円
3万円以上:324円
同行内
3万円以下:108円
3万円以上:324円
他行宛
3万円以下:540円
3万円以上:756円
同行同一支店
3万円以下:108円
3万円以上:216円
同行内
3万円以下:216円
3万円以上:432円
他行宛
3万円以下:540円
3万円以上:756円
同行同一支店
3万円以下:108円
3万円以上:216円
同行内
3万円以下:216円
3万円以上:432円
他行宛
3万円以下:540円
3万円以上:756円
同行同一支店
3万円以下:無料
3万円以上:無料
同行内
3万円以下:300円
3万円以上:300円
他行宛
3万円以下:600円
3万円以上:600円
利用可能時間平日 8:00~23:55
祝日は不可
第二土曜は21:00まで
月曜〜土曜 8:00~24:00
日祝は不可
平日 8:00~23:30
土 8:00~20:00
日 9:00~17:00
祝日不可
平日 8:45~21:00
土 9:00~17:00
祝日不可
店舗数約800店舗約750店舗約450店舗約350店舗
審査日数1〜2週間1〜2週間1〜2週間1〜2週間
ネットバンキング対応有り有り有り有り

ネットバンク

銀行名楽天銀行住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行
月額基本料無料無料無料
振込手数料同行内
3万円以下:51円
3万円以上:51円
他行宛
3万円以下:165円
3万円以上:258円
同行内
3万円以下:51円
3万円以上:51円
他行宛
3万円以下:165円
3万円以上:258円
同行内
3万円以下:54円
3万円以上:54円
他行宛
3万円以下:172円
3万円以上:270円
利用可能時間24時間365日24時間365日24時間365日
店舗数無し無し無し
開設までの日数審査1〜2週間審査1〜2週間審査1〜2週間
ネットバンキング対応有り有り有り

取引先企業の多くがメガバンクを主要取引銀行として利用しているとすると、やはりメガバンクの利用価値があります。ただ、月額や振込手数料、利用可能時間といった実利の面で比較すると、ネットバンクに軍配が上がります。

データ比較から見る、法人口座開設のオススメ銀行

法人口座はひとつに限らず、主要取引先によって変更したり、手数料などのランニングコストも踏まえ、メガバンクとネットバンクの両方をそれぞれ開設することが望ましいのではないでしょうか。

そうしたことを踏まえ、上記表の定量的な数値比較からメガバンクおよびネットバンクのオススメ銀行をご紹介します。

メガバンクは三菱東京UFJ銀行!

2013年の帝国データバンクの資料から読み取れるように、すでに多くの企業で活用されている実績があり、同行内での取引であれば手数料が掛からないというのは、金銭取引の多い企業にとっては大きなメリットになりうるでしょう。

また、ATMと店舗数の多さからも考えると、やはり三菱東京UFJは法人口座開設の有力候補といえます。

ネットバンクは楽天銀行と住信SBI銀行!

各行のサービス内容ではほとんど差がない状況ですが、同行内の手数料を比較すると他行3円安く、他行宛の手数料の比較でも3万円以下で7円、3万円以上で12円安い楽天銀行と住信SBI銀行がおすすめです。

まとめ

以上のように、サービスにまつわる数字を比較してオススメの銀行をご紹介してきました。

最後に一つ補足すべき点としては、会社の取引事情や立地条件よる要因です。

例え手数料が安い銀行を選んだとしても、その銀行が近くにないと時間を消費してしまうことになり、元も子もない状況に陥ってしまうのはいうまでもありません。

ぜひ、さまざまな選択肢を知った上で自社に合った法人口座の開設をご検討下さい。

マネーフォワードが提供する会計ソフト「MFクラウド会計・確定申告」では、1400以上の銀行口座の取引明細の自動取得に対応しています。

法人口座を開設した後は、MFクラウド会計・確定申告に連携すると、取引明細を自動取得するため、入力時間が大幅に削減されます。

初期費用は無料です。導入サポートもフリーダイヤルで承っております。お気軽にお試しください。

法人のお客様(初期費用無料、お試し45日間無料)
会計ソフト「MFクラウド会計」

個人事業主様(初期費用無料、基本料金無料)
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

※2015年6月25日に情報を最新化

こんな場合は専門家にご相談下さい

・会社設立の必要書類に記載すべき内容がよくわからない
・事務手続きの手間を削減して本業に集中したい
・事業契約や資金調達、補助金・助成金申請の相談に乗ってほしい
・とにかく節税したい
・決算や申告まで、まとめてお願いしたい
・社会保険事務、給与計算、年末調整等もアウトソースしたい
・クラウドサービスを活用して安価にバックオフィス業務を効率化したい

バナー

Pocket