一人社長でも加入は必須! 法人の社会保険加入ルール

一人社長でも加入は必須! 法人の社会保険加入ルール

会社設立後の手続き
会社の役割は、価値のある商品やサービスを提供し、儲けを出すことで社長自らの生活向上を図るだけではありません。社長自身はもちろん、従業員の生活、ひいては国民一人ひとりの生活基盤を守ることも重要な役割です。社会保険への加入も会社の重要な役割のひとつと言えるでしょう…
会社設立後に法務局で行う手続き~印鑑カードや証明書の取得について解説~

会社設立後に法務局で行う手続き~印鑑カードや証明書の取得について解説~

会社設立後の手続き
法人設立登記を行い設立手続きが完了したら、いよいよ営業開始。すると、銀行融資や大型契約、重要な契約を行う場合など、印鑑カードや印鑑証明書、登記事項証明書(登記簿謄本)が必要となることがあります。 これらは法務局で発行申請をして取得することになるのですが、その手…
会社設立したら青色申告の届出を!提出期限やメリットついて解説

会社設立したら青色申告の届出を!提出期限やメリットついて解説

会社設立後の手続き
会社設立をしたら設立届と一緒に、必ず青色申告の届出を出しましょう。今回はこの届出にどのようなメリットがあるか、青色申告のメリットとその提出期限について解説したいと思います。 青色申告とは? 白色申告との違いとは? 会社が決算期になると、その一年間の売上や経費を…
法人設立届出書の書き方とその提出先

法人設立届出書の書き方とその提出先

会社設立後の手続き
会社を新たに設立した場合、税務上、税務署や都道府県、市区町村に対して提出しなければならない各種の届け出があります。 それらの届け出のひとつに、法人設立届出書があります。この届出書は、設立した会社の概要を税務署に通知するために、法人税法第148条、法人税法施行規…
【会社設立後の手続き保険関係編】保険関係の手続きが必要な書類とは

【会社設立後の手続き保険関係編】保険関係の手続きが必要な書類とは

会社設立後の手続き
設立登記が終われば会社設立手続きも終盤です。会社設立後の手続きには税務関係のほか労働保険関係、社会保険関係の手続きがあります。ここではこのうち社会保険関係、労働保険関係の手続きと必要書類について解説します。労働基準監督署、ハローワークに年金事務所と、手続き先別…
【会社設立後の手続き税務編】税務署・自治体で行う6つの手続きと必要書類

【会社設立後の手続き税務編】税務署・自治体で行う6つの手続きと必要書類

会社設立後の手続き
会社設立の手続きは設立登記までで終わりではありません。設立後も税務関係、社会保険関係、労働保険関係の手続きが残っています。税務関係手続きは主に税務署で行いますが、地方税に関しては自治体への届け出が必要です。ここではこの会社設立後の税務関係の6つの手続きと必要書…
定款を変更するために必要な3つの知識

定款を変更するために必要な3つの知識

会社設立後の手続き
会社が組織として活動するために必要な定款は、経営方針や事業内容、社会情勢などによって変更する場合があります。また設立登記前であったとしても、一度認証を終えた定款に対して変更を加えることも考えられます。ここでは定款を変更するために知っておきたい3つの知識を紹介し…