導入事例トップ サービス「会計」の導入事例 タブレットレジ(iPadレジ)と会計ソフト連携利用の事例

タブレットレジ(iPadレジ)と会計ソフト連携利用の事例

会計 飲食 スタートアップ・小規模 備長炭や IKORU・会計事務所シンシア Zero Oneコーポレーション株式会社 取締役 木村和詩様
会計事務所シンシア 代表 小野敏人様 マネージャー 大谷諭様
備長炭や IKORU・会計事務所シンシア

「Airレジ」と「MFクラウド会計」の連携で、当日の売上データとキャッシュフローが可視化されました。

インストール型のPOSレジと会計ソフトから、クラウド型のiPadレジと会計ソフトへリプレイスにより、経理の時間短縮とデータの見える化で、経営の効率化を実現した飲食店の導入事例。

クラウド上でリアルタイムのデータを確認できるので、経営判断が早くなりました。(経営者 木村様)

備長炭や IKORU

以前は売上分析に十分に手がつけられないまま、店舗を運営していました。

もともと、POS(販売時点情報管理)システムが搭載されたレジを使用していたのですが、扱いが難しかったこともあり、売上情報といった経営に役立つデータの吸い上げを行っていませんでした。そのため、売上分析に手をつけられないまま、店舗の運営をずっと続けていたんです。

その他にも、メニューのレジ登録が簡単にできないことも問題に感じていました。既存のレジではPCを使わなければならず、とても面倒でした。

お店を経営していくにあたって、季節に応じて多くのメニューを新しくレジ登録しなければならなかったので、「簡単にメニュー登録できる仕組みがあれば・・・」そう思ったのが、導入を検討し始めた一番のきっかけになります。

Airレジと「MFクラウド会計」が無料かつパッケージとして提供されている点が魅力的でした。

売上情報などのデータを吸い上げることは、既存のレジでも対応できたかもしれませんが、非常に高度なレジだったので、操作が煩雑でした。チェーン店であればマニュアルが用意されているので簡単に対応できるかもしれませんが、個人経営のお店は簡単な仕組みであればあるほどいい。

その点、Airレジは無料かつ場所を問わずに利用できるなど、何より使い勝手の良さが魅力的でした。機能は「時間帯別に売上データを収集できるようになれば・・・」と思う部分もありますが、現状は必要十分の機能が揃っているので運用していく上で特に問題はありません。

また、会計ソフトの「MFクラウド会計」と連携している点も導入を決断する大きな要因だったと思います。本社が大阪で会計データをやり取りする会計事務所は東京にあるため、紙で会計情報を共有するのは手間と時間がかかってしまいます。

しかし、会計ソフト「MFクラウド会計」を活用し東京支社と会計事務所の間で書類のやりとりを行い、数値などの情報をクラウドにあげておくことで、いつでもどこでも会計情報を確認することができるようになりました。さらに、Airレジと連動させることによって既存のレジでは難しかった売上データも吸い上げることも可能になります。

iPadレジとクラウド会計ソフトが連携することで、一つのパッケージのように扱うことができ、使い勝手が良かった。それがAirレジと「MFクラウド会計」を選んだ理由です。

備長炭や IKORU

売上データが即日見えるようになり、スピーディーに経営判断を下せるようになりました。

実際に導入してみて、メニューのレジ登録がお店の外からできるようになりましたね。ちなみに、7月中旬にメニューや価格帯を変更したのですが、全ての作業が家からできました。

また、Airレジと「MFクラウド会計」を導入し、リアルタイムに売上状況が確認できるようになったことで、店舗の経営判断もしやすくなりました。

例えば、夏になったらおすすめメニューを焼き魚から冷たい麺類に差し替える。今までは、どのメニューがどれだけ出ているかも分からず、感覚で対応していた部分があったのですが、Airレジと「MFクラウド会計」によってその日にどれだけ売上があったがが分かるようになったため、スピーディーに正しい経営判断を下せるようになりました。

会計事務所とのやり取りも、クラウド会計ソフトの活用で劇的にラクになりました。

クラウド型の会計ソフトの最大のメリットは、「場所を選ばず」に利用することができる点にあります。PCがなくても、iPadなどのタブレットでもデータの確認ができます。

実際にお店に入っているオーナーは少し珍しいケースかもしれませんが、一般的なオーナーは会社でみたり、外出先で見たり、色々な場所で会計情報を見ます。そのため、いつでもどこでも会計情報が見れるクラウド型の会計ソフトを求めていました。

また、Airレジと連動している「MFクラウド会計」を使うことで、書類のやり取りなど段取りの時間が圧倒的に減りましたね。普通であれば、会計業務は「あのページがない、これがない、これをコピーしてください・・・」といったやり取りを何度もしなければならず、お互いにストレスが溜まっていく作業だったのですが、「MFクラウド会計」によって簡単に会計業務を進めていくことができるようになりました。

目には見えにくい顧問税理士とのやり取りの手間も大きく削減されました。

月末で会計を締めて書類のやり取りを行い、仕訳する。今までであれば、こうした一連のやり取りを1ヶ月くらいかけて行うのが普通でした。それが金融機関とリアルタイムで連動し、iPadレジ(タブレットレジ)と連携している会計ソフト「MFクラウド会計」を使うことで、正しい金額で入金されているのかどうかリアルタイムに把握でき、今後の経営に対して事前に手を打つことができるようになりました。

また、月次締め処理において、書類の抜け漏れや数字の確認など、目には見えにくい手間な作業が大きく削減されました。

クラウド型のタブレットPOSレジと会計ソフトのパッケージで、飲食店経営が劇的に変わります。
(顧問税理士 小野様)

備長炭や IKORU

会計事務所の人が使いやすい仕様になっているのが会計ソフト「MFクラウド会計」の良さです。

「MFクラウド会計」を導入するにあたって、他のクラウド会計サービスも色々検討しましたが、「MFクラウド会計」は操作画面など、会計事務所の人が使いやすい仕様になっているのが良かった点です。

また、金融機関との連携先も豊富で、「この金融機関と提携しないのですか?」と問い合わせをすると、素早く対応してくれる。これはインストール型の会計ソフトではあり得ないことなので、とてもありがたいですね。

とにかく開発のスピードが速く、昨日なかった機能が今日ログインすると追加されている、といったことが日々起きています。

備長炭や IKORU

会計業務を効率化していくことによって、事業に集中できる時間を確保することができました。

会計業務を効率化することで、オーナーが本業に集中して取り組めるようになりました。本来であれば、店舗の経営戦略や資金繰りについて話し合う方が大切であって、会計情報のやり取りを何度も行うのは不必要なことなので、可能であればなくしてしまった方がいい。

そういう意味では、会計ソフト「MFクラウド会計」とiPadレジのAirレジを導入することによって、事業に集中できる時間を確保することができました。今後、多店舗経営を目指すなど、事業を成長させていく上で更に役立ってくれると思います。

無料で試してみる
法人企業向け資料ダウンロード
導入をご検討の方は、
ご不明な点がありましたらお気軽にお電話ください。 受付時間10:30~17:00 (土・日・祝日を除きます)
tel

050-5305-1201

050-5305-1201

会計事務所シンシア

会計事務所シンシア

会計事務所シンシアは、数字に関する面をすべてサポートし、会社の未来を共有し戦略をたてる「財務顧問」としてクライアントに深く関与することを方針とする会計事務所です。 経験豊富な公認会計士・税理士がしっかりとした月次の数字を組み、資金繰り対策や資金調達、節税対策などの中小企業の財務戦略をお手伝いいたします。

http://biz-ba.com/sincere

備長炭や IKORU

備長炭や IKORU

備長炭で焼いた魚定食が人気の「備長炭や IKORU」。気の合う仲間や同僚との一杯飲みから、家族連れや年配の方までが居心地のよい落ち着いた雰囲気と、炭焼きの魚料理が絶品の居酒屋。

https://www.facebook.com/ikoru.ginza