2019 October Start

軽減税率制度への対応

何をすればよいか
分からなくなっていませんか?
バックオフィスの軽減対応を圧倒的にラクにする

マネーフォワード クラウドを見てみる
本ページの情報は、2019年5月1日現在の法令に基づいています

2019年10月から、
消費税が改正され軽減税率制度が導入されます

そもそも今回の法改正で何が起こる?

2019年10月1日に
消費税が8% → 10%に

軽減税率制度で
対象品目は8%に据え置き

制度が煩雑なため
バックオフィス業務が複雑に

チェックポイント

消費税と軽減税率制度

2019年10月1日に消費税が8%から10%に引き上げられます。
それにともない、軽減税率制度が実施されます。

軽減税率制度とは、増税にともなう消費者の負担軽減のため、特定の品目を対象に、
消費税率を低くする仕組みです。対象品目の食料品や新聞などは現状の8%のまま据え置かれます。

気をつけるポイントは?

軽減税率制度により、税率が複数存在するようになると、事業者は取扱う品目ごとに税率を
正しく把握して、商売を行い、帳簿をつけ、確定申告や決算を行う必要があります。

軽減税率の取扱いがない事業者や免税事業者も注意が必要!

軽減税率の対象品目の売上げがなくても、
仕入れがあれば対応が必要

免税事業者でも課税事業者との取引の際、
区分記載請求書等の交付を求められる場合があります

軽減税率の対象品目

食品(魚・肉・加工製品等)

酒類、外食、ケータリング等を除く食品。
一定の一体資産を含む

新聞(週2回以上発行)

週2回以上発行され、定期購読契約に基づくもの

酒類・ケータリング・外食など

飲食料品とは、食品表示法で規定されている食品(酒類を除く)で、一定の一体資産を含みます。 また、外食やケータリング等は、軽減税率の対象品目に含まれません。なお、テイクアウトや飲食料品の出前・宅配等は、軽減税率の対象となります。

日々の取引や経理業務への影響

仕入れる商品ごとに
適用税率の確認が必要

帳簿・請求書等は、税率を
区分して記載するなど、
一定の記載事項が加わる

消費税の申告は、税率ごとに
区分して税額計算を行う必要がある

1分で分かる

あなたの

軽減税率対応診断

私には関係ないですよね

診断結果を見る

C

タイプ

軽減税率対応品目の売り上げがある

課税対象品目についてはこちら

当然私は対象ですよね?

診断結果を見る

A

タイプ

軽減税率対応品目の仕入れ・経費がある例) 「会議やセミナーで飲み物を用意した」「社内イベントでピザの宅配を注文した」など

やっぱり私も対象なんですか?

診断結果を見る

B

タイプ

私には関係ないですよね

診断結果を見る

C

タイプ

マネーフォワード クラウドで軽減税率対応をすると

1

追加費用なしで
税法改正にアップデート!

2

Excelや紙の業務を
クラウド化して経費削減!

3

他の会計ソフトやExcelからの
乗り換えもカンタン!

1

追加費用なしで税制改正にアップデート!

  • 消費税改正に伴い軽減税率が導入されると、8%と10%の複数税率の経理など、今まで必要なかった業務が発生する
  • パッケージ型の会計ソフトは、税法改正対応などでアップデート費用が発生する
  • マネーフォワード クラウドは、アップデート費用なしで税法改正に対応できる

2

Excelや紙の業務をクラウド化して経費削減!

  • 請求書をExcelで作成して郵送すると、かなりの人件費や郵送費がかかる
  • マネーフォワード クラウド請求書なら、簡単作成!郵送もワンクリックで代行できる
  • さらにメールで送付すれば、郵送費も大幅に削減できる
※算出方法(月間帳票枚数100枚想定)
エクセル作成時:[人件費]作成5分/通、印刷郵送3分/通、時給1,800円[郵送費] 90円/通
マネーフォワードクラウド利用時:[人件費]作成1分/通、メール郵送0.1分/通、時給1,800円
[月額利用料]月額2,980円※スモールビジネスプラン年額35,760円の場合[郵送費]0円 ※メール郵送のため

3

他の会計ソフトからの乗り換えもカンタン!

  • 他の会計ソフトからのデータインポートに多数対応している
  • CSVでのインポートに対応しているので、Excelからの乗り換えも可能
  • サポートサイトで乗り換え手順を事前に確認できる
弥生会計、会計王、勘定奉行、やるぞ!青色申告、freee、JDL、PCA、財務応援、ミロク、A-SaaS、CASH RADARからの仕訳データインポートに対応しています。

CASE01

社員数は5倍増でも、バックオフィス業務は変わらず1人でまわせています

株式会社パルミー 伊藤様

マネーフォワード クラウドを導入してから、週1勤務の契約社員がバックオフィス業務を行う体制が5年続いています。

創業当初から比べると5倍ぐらいの人数になったのですが、当時と変わらない工数でバックオフィス業務が出来ているのは効率化が進んでいるということなのかなと思っています。 普段あまり考えないですけど、すごいことですよね(笑)

CASE02

圧倒的なコミュニケーションコストの削減、作業負担は2分の1に

株式会社東京通信社 星野様 中山様

さつき税理士法人 坂田様

税理士の方と日々のやりとりは電話、データのやりとりはUSB、書類はFAXか郵送、というアナログなコミュニケーションでした。
マネーフォワード クラウドを導入して、情報共有のスピードが圧倒的にあがり、作業負担はアナログ時代の2分の1に減りました。

マネーフォワード クラウドなら
軽減税率やインボイス制度にも無料でアップデート!

税制改正対応の軸

マネーフォワード クラウド会計とは?
  • 面倒な作業はすべて自動化!

    明細データの自動取得、仕訳の自動入力で、これまで時間がかかっていた会計業務がラクになります。
  • 完全無料でアップデート!

    税法改正や消費税の増税にも、パッケージ型の会計ソフトと異なり、全て無料でアップデート対応。
  • いつでもどこでも利用できる!

    従来のパッケージソフトとは違い、時間・場所問わず利用可能なため、会社のパソコンがなくてもご利用いただけます。(Macにも対応)

会計以外のバックオフィス業務も充実!

5つのサービスがお得に使えるマネーフォワード クラウド

さらに、請求書の発行から、代金の回収まで まるっと任せたいなら

企業間、後払い決済代行サービス

企業間の後払い請求業務を与信〜催促まですべて代行

与信審査

与信審査

与信審査

与信審査

与信審査

MF KESSAIの請求書は、軽減税率・インボイス制度まで完全対応!

現行制度

軽減税率制度(2019年10月~)

インボイス制度(2023年10月~)

与信審査の通過率とスピード、入金保証で事業の成長をサポート!

© Money Forward, Inc.