> > >

粗利益の重要性を理解しよう

shadow

粗利益とは損益計算書における売上総利益のことを指し、会社の経営において一般的に、決算書のなかで最も重要とされる科目とされています。それはつまり、会社の運営において経費はすべて、ここから支払われることになるからです。ここでは、ビジネスを展開するに当たって、なぜ粗利益がそこまで重要とされるのか、また粗利益の算出方法について解説します。

さらに、売上高から粗利益を算出するための売上原価の計算についてもご説明します。会社というものが利益を稼ぐことを主な目的として運営されているからには、粗利益(粗利率)が下がるということは、何よりも重要な問題になります。自社のビジネスが利益を稼ぎ出す能力をしっかりと意識してビジネスを継続していく必要があるのです。

粗利益の重要性とその算出方法とは?

ビジネスにおいて粗利益は、大元の利益とされています。なぜ、粗利益が重要なのかというと、「どれくらい粗利益を稼ぎ出せるかが、会社の商品やサービスを介して行うビジネスそのものの能力を示している」からなのです。つまりは、会社が提供するサービスや販売する商品の魅力度を示す重要な指標とも言い換えることができます。

さらに、ビジネスにおいては、「粗利益を超える額の経費を使わないことこそが利益を生む鉄則」と言われるほどであり、シンプルに見えて、経営者が一番重要視するポイントとなっているのです。では、粗利益の算出はどのように行うのかというと、基本的な粗利益の求め方は、以下のようになっています。

売上高-売上原価=粗利益

このようにして求められる粗利益こそが、損益計算書で一番初めに記載される利益となるのです。また、売上高に占める粗利益の割合を、粗利率(売上総利益率)と呼びます。

この粗利率(売上総利益率)とは、商品の販売やサービスの提供を通じて、単純にいくら稼いだのかが把握できる利益の率となっていて、会社のビジネスそのものの稼ぐ力を知るための重要な指標となります。粗利率の算出方法は以下となっています。

売上総利益÷売上高=粗利率

自社ビジネスそのものの稼ぐ力を示す粗利益(粗利率)が下がる原因の主なものは、「商品の販売やサービスの提供における値引きによる売値の下落」「自社ビジネスで展開している商品やサービスが、そもそも市場にマッチしていないために、販売数や利用客数、来客数を落としている」「一部の商品や得意先への売値の設定に誤りがある」といったものが挙げられます。

会社というものが利益を稼ぐことを主な目的として運営されているからには、粗利益(粗利率)が下がるということは、何よりも重要な問題になります。自社のビジネスが利益を稼ぎ出す能力をしっかりと意識してビジネスを継続していく必要があるのです。

売上高から粗利益を算出するための原価計算とは?

粗利益を意識してビジネスを継続していくためには、粗利益の額を算出するために必要な売上原価の仕組みを理解しなければなりません。

この売上原価は、以下の計算式により算出します。期首の商品棚卸高+当期の商品仕入高-期末の商品棚卸高=売上原価期首の商品棚卸高とは期首に在庫として残っていた商品の原価を指します。また、期末の商品棚卸高とは期末に在庫として残っている商品の原価を指します。

例えば、100円の商品を10個仕入れ、150円で8個販売した場合、売上高は1,200円になります。仮に期首の棚卸高を100円とした場合、期首の棚卸高100円+仕入高1,000円-期末の棚卸高200円=900円が売上原価になります。2個の商品については、売れ残りということになりますので、原価には含めず、期末の在庫資産になります。

このことから、売上原価とは「実際に販売した分に対する原価」ということになります。この計算式を用いることによって、売上原価が算出されますので、売上高からその額を差し引き、粗利益の金額を計算することになります。

まとめ

ビジネスを継続していると、ついつい目先の売上高やキャッシュばかりを意識してしまい、「粗利益が重要」というポイントを軽視してしまいがちです。しかし、自社の商品やサービスの粗利益(粗利率)をしっかりと把握し理解することで、利益を稼ぎ出すという主目的に対する戦略を、堅実に組み立てることができるということになるのです。

関連記事

損益計算書の書き方を学んで青色申告にトライしてみよう!
借方と貸方|損益計算書の借方と貸方の違いを初心者向けに解説!
貸借対照表の書き方をマスターしよう!



本ブログは、会計ソフト「MFクラウド会計」を提供しているマネーフォワードが運営しています。

経理の時間を80%削減するクラウド型会計ソフト

MFクラウド会計・確定申告はクラウド型会計ソフトです。クラウドだから「いつでもどこでも」使えて、自動入力で経理がカンタンに。

MFクラウド会計


会計ソフト「MFクラウド会計」 請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」