源泉徴収税額表の見方を解説!会社員と個人事業主の場合別

読了まで約 5

会社員の方なら、毎月給与から一定の所得税額が天引きされる源泉徴収制度。その源泉徴収額はどのように決められているのでしょうか?
今回は、源泉徴収制度の基本と、徴収額を算出する際に必要な源泉徴収税額表の見方を解説します。会社員と個人事業主、それぞれの場合について確認していきましょう。

会社員の場合の源泉徴収税と源泉徴収税額表の見方

源泉徴収とは、会社が従業員の給与から所得税を徴収して、その徴収した所得税を税務署(国)へ納付することをいいます。会社は従業員を雇っている場合「源泉徴収義務者」となりますので、従業員の所得税を源泉徴収しないと、その会社が罰則を受けることになります。

通常、個人事業主の方は1年間の所得について確定申告しなければなりません。会社員の場合は勤務先以外の収入がなければ、会社で年末調整を行えば原則として確定申告は不要になります。

また、会社員の場合の源泉徴収税額の計算は、給与の金額や扶養の人数などにより異なります。会社員の方であれば、勤務先へ「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していることでしょう。
会社はその「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に記載された内容をもとに配偶者や扶養の有無などを確認します。

そして、各人ごとに、毎月の給与総支給額(交通費などの非課税所得を除きます)から社会保険料(健康保険料、介護保険料、厚生年金および雇用保険料)を控除した金額をもとに、扶養の人数に応じた所得税額を給与から天引き(源泉徴収)します。

その際の源泉徴収税額は、毎年国税庁から公表される「源泉徴収税額表」に記載されている金額になります。

源泉徴収される所得税額は、会社員の雇用形態によっては異なります。月ごとに給与を支払っている場合などは、「源泉徴収税額表」の月額表の甲欄、もしくは乙欄の給与額に応じた税額となります。
なお、甲欄の方は、勤務先に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している人をいい、乙欄の方は、勤務先に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していない人をいいます。
給与を毎日(日雇い賃金を除きます)または週ごとに支払っている場合などは「源泉徴収税額表」の日額表の甲欄もしくは乙欄に記載された税額を源泉徴収されます。
また、日雇い賃金の場合には、丙欄に記載された源泉徴収税額となります。

<事例>
以下の条件の場合について源泉徴収税額を見てみましょう。
・会社員
・扶養人数は1人
・その月(1回支給)の社会保険料控除後の給与額が30万円

まず、国税庁公表の「平成31年(2019年)分源泉徴収税額表」の社会保険料控除後の給与の金額が30万円の欄(299,000円以上302,000円未満)を見ます。そして甲欄について、扶養親族などの数が1人の欄を確認すると源泉徴収税額が6,740円であることが分かります。
乙欄については扶養の人数に関係なく、52,900円と記載がありますので、源泉徴収税額は52,900円となります。

参考:平成31年(2019年)分源泉徴収税額表

賞与や退職金については、給与とは違った計算方法になります。賞与は、原則として前月の社会保険料控除後の金額を基に計算します。退職金については、勤続年数が長いほど源泉徴収税額が発生しない仕組みとなっております。

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の注意事項

会社は、毎年最初の給与の支給日(新入社員の場合は、入社時の初給与の支給日)より前に従業員から「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出してもらわなければなりません。もし提出がない場合、その会社員は、甲欄ではなく乙欄により源泉徴収されますので、所得税額が甲欄より高くなってしまいます。

よくある事例として、会社側で新入社員の入社時に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の提出をもらい忘れているにもかかわらず、甲欄の金額の所得税を源泉徴収しているケースです。この場合、乙欄にて所得税を源泉徴収しなければいけません。会社側の源泉徴収漏れとなってしまわないよう注意しましょう。
また、年末調整は「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している人が対象となります。

副業した場合の源泉徴収税はどうなる?

会社員で副業している場合の副業先の源泉徴収については、雇用契約に基づいて支払われるのであれば給与所得に該当しますので、原則として乙欄課税となり、甲欄より高い所得税が源泉徴収されます。ただし業務委託などの形態で外注費として支払われている場合は、原則として源泉徴収されません。この場合、副業程度の外注費であれば雑所得に該当します。

会社員の方は勤務先で年末調整をしておりますので確定申告の必要はありませんが、副業をしている方は、一定の場合、確定申告をしなければなりません。乙欄により源泉徴収されている場合には、所得税が還付されることもあります。確定申告時期になりましたら、まずは自分の所得税額の計算をしてみましょう。

参考:【副業をしてる方向け】確定申告のやり方

個人事業主の場合の源泉徴収税の計算方法は?

個人事業主の場合は、毎月の給与という概念がなく、売り上げ(収入)から必要経費を差し引いて残った利益が所得となります。したがって、毎月自分の給与(生活費)としてお金を振り込んでいても、その金額に対しては所得税を源泉徴収する必要はありません。

ただし、一定の報酬などの収入(売り上げ)がある個人事業主については、その報酬に対して原則として10.21%(復興特別消費税と合わせた税率)の所得税が源泉徴収されます。
また、個人事業主でも副業している場合は、その勤務先で源泉徴収されます。その場合には、副業先で発行された源泉徴収票を基に確定申告することになります。
なお、配偶者に青色事業専従者給与として給与を支給している場合については、会社員と同様に源泉徴収および年末調整を行います。

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

執筆:並木 一真(税理士/1級FP技能士/相続診断士/事業承継・M&Aエキスパート)

並木一真税理士事務所所長
会計事務所勤務を経て2018年8月に税理士登録。現在、地元である群馬県伊勢崎市にて開業し、法人税・相続税・節税対策・事業承継・補助金支援・社会福祉法人会計等を中心に幅広く税理士業務に取り組んでいる。



「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料