【実録】確定申告時期に“引越し”で住所変更 どっちの住所を使う?

読了まで約 8

1月になりました。BIZ KARTE編集部のKです。前回の記事で、会社の年末調整を受けられず、初めて確定申告するハメになった旨をお伝えしました。提出書類に不備があったので自業自得ですね……。

気持ちを切り替えて、そろそろ確定申告の準備に取りかかります。まずは必要書類を確認しておこうと思うんですが、すでに嫌な予感がしてるんですよね。というのも、引っ越しするんですよ。なんか面倒なことが起こりそうです。

前回のおさらい:【実録】年末調整ミスった! 初めて確定申告するハメに…(2018年12月17日掲載)

会社員の確定申告に必要な書類

まずは「確定申告 会社員 必要書類」でググります。マネーフォワードクラウドの「確定申告の基礎知識」の記事が無事ヒットしたので、これを参考にして見ていきましょう。

必要書類について(マネーフォワード確定申告 確定申告の基礎知識より)

Kが確定申告で必要な書類は3種類

まず、Kのプロフィールですがざっとこんな感じ。会社勤めの20代のあるあるスペックですね。

<Kのプロフィール>

趣味はヨガとネイルといちごタルト(#^^#)

・27歳の会社員
・未婚独身、子供なし
・医療保険に加入している
・ふるさと納税をしている

これを踏まえて調べてみると、Kが確定申告に必要な書類は「確定申告書(A)(第一表・第二表)」「収入を証明する書類」「所得控除を受けるための書類」の3種類。

意外と少ない印象。これならサクッとできそうな気がしてきました。

確定申告書(A)(第一表・第二表)

まず、「確定申告書(A)(第一表・第二表)」はこれ。国税庁の「確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等」から印刷やダウンロードができます。

収入を証明する書類

私の場合、2018年4月に転職しているので、前職と現職の源泉徴収票2枚を用意すればいいですね。

所得控除を受けるための書類

まず医療保険に入っているので、「生命保険料控除」を受けられます。これには控除証明書が必要で、年末になると、加入している保険会社から控除証明書が送付されてきます。生命保険料控除の控除限度額は12万円です。

あとは、ふるさと納税の寄付金控除。確定申告する人は、ワンストップ特例制度を利用できないので、寄附した自治体から発行される寄附金控除証明書はちゃんと保管しましょう。

>>そのほかの控除について知りたい方はこちらをチェック!

会社員は確定申告書(A)が基本

そもそも申告書は2種類あって、標準的なものが「確定申告書(B)」簡易的なものが「確定申告書(A)」です。

確定申告書(A)は、申告する所得が「給与所得」「雑所得」「配当所得」「一時所得」のみで、予定納税額のない人が利用します。なので、私のように年末調整ミスった会社員とか、株とかフリマアプリとかブログのアフィリエイトとかの副収入で年20万円超稼いでいる会社員とか、医療費控除なんかを受けたい会社員は確定申告書(A)で申告します。そう、会社員は基本的には確定申告書(A)を使います。

<Kのプロフィール>

・27歳の会社員
・未婚独身、子供なし
・生命保険に加入している
・ふるさと納税している

↓↓↓

<Kのケース:確定申告に必要な書類>

・確定申告書(A)(第一表・第二表):
 会社員は基本的にこれを使います。
・収入を証明する書類:
 源泉徴収票
・所得控除を受けるための書類:
 医療保険の控除証明書、ふるさと納税の寄附受領証明書

>>確定申告に必要な書類を詳しく知る!

確定申告シーズン直前に引越し


今の家から800メートル離れたところに引越すよ

さて、冒頭で触れたとおり、2月1日に引越しします。これで確定申告がややこしくなるんじゃないかと勝手に警戒しています。

前回の記事でお伝えしたとおり、書類が揃えば、確定申告(還付申告)を1月に済ませるつもりでした。でも、現時点では会社から源泉徴収票が届いていないのでまだ申告の手続きができません。

「……これ、2月に申告することになるんじゃね……?」

住所が変わる前(2月1日前)に還付申告を済ませちゃえば、住所変更でゴタゴタすることはなさそうだと踏んでいましたが、住所が変わってからの申告になると面倒なことが起こりそうな気がして勝手に萎えてます。

が、やむなし。腹くくって、確定申告シーズンに住所変更したらどうなるか見ていきましょう。

住所が変わったら「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続」を提出

住所が変わるとなったら警察署に行ったり水道ガス電気とかいろんなところに連絡しますから、おそらく税務署にも住所変更届けみたいなものを提出するのでしょう。

調べてみると、国税庁のホームページにやっぱりありました。「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続」です。

「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続」とは

引越しなどの転居により納税地が変わった場合は、基本的にこの届出をする必要があるそうです。手続きに手数料はかからず、引越しした後に、転居前の管轄税務署に届出を提出すればOKです。詳しくは国税庁の「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続」をご参照ください。

納税地=住所のこと

ところで、納税地ってなんですかね……?

税金を納める自治体ってことなんですかね?

納税地が変わった場合は届出が必要だそうですが、納税地とは厳密に何を指しているかよく分からないので、私の場合は届出義務があるのかどうかいまいち分かりません。今回はちょっと登場が遅くなりましたが、税理士資格を持つ社員Fさんに聞いてみましょう。


Fさんに無料相談だ!

K:すみません、今度引越しするんですけど、私って「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続」を出す必要があるんですかね? 納税地が変わる場合は提出とあるんですけど、納税地の定義が分からなくて。

F:住所が変わったなら届出を提出しといたほうがいいですよ。納税地って住所のことなんですよ。これは所得税法15条にも明記されていますよ。ちゃんと調べましょうね。

<所得税法15条第1項>

所得税の納税地は、納税義務者が次の各号に掲げる場合のいずれに該当するかに応じ当該各号に掲げる場所とする。

1.国内に住所を有する場合 その住所地
(以下、2~6号に続きます)

私は現住所から1キロも離れていないところに引越します。同区内で引越すので管轄税務署も変わりませんが、「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続」は提出しなきゃダメらしい。ガーン。(ほんまに出さなあかんのかいな……)

<引越ししたらやること>

・転居により納税地(住所)が変わった場合は、税務署に「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続」を提出

確定申告書に記載する住所と納税地はどこ?

「で、確定申告書にはどっちの住所を書くの?」と疑問の方もいらっしゃいますね。

確定申告書に住所を記載する欄は2か所あります。画像では、赤枠に現住所(申告書を提出する時点の住所)、青枠に1月1日時点の住所を書きます。この1月1日とは、例えば2018年分の申告内容を提出する場合、「2019年1月1日の住所」を記入します。

そして、2019年は「2019年1月1日の住所」がある自治体に納税することになります。例えば、2019年1月31日まで東京都豊島区に住んでいて、2019年2月1日から神奈川県川崎市に住所が変わったとしても、2019年は東京都豊島区に住民税を納めるということです。

<確定申告書に記載する住所>

・住所:
 現住所(申告書を提出する時点での住所)
・平成〇年1月1日の住所:
 確定申告する年分の翌年1月1日の住所
 【例】2018年分の申告なら2019年1月1日の住所

確定申告の提出先は、引越し先の管轄税務署

ちょっと気が早いんですが、肝心の「確定申告書の提出先」はどこになるんですかね?

国税庁先生によると、確定申告書は引越し先の管轄税務署に提出することになります。ということは、必ずしも納税地と申告書提出先が一致するとは限らないってことですね。より近い税務署に提出できるのは便利ですね。

<確定申告書の提出先>

・引越し先の管轄税務署(確定申告提出時点の住所)

次回は「スマホで電子申告…できない!?」をレポート

次回の話ですが、今回の確定申告は「スマホで電子申告したろ~」って思ってたんですけど、「多分、私できないわ」ってところから始まります。あれって結構対象者が限られているんですよね。それではまた近く更新します!

関連の記事一覧

■2018年12月17日掲載:
【実録①】年末調整ミスった! 初めて確定申告するハメに…

■2019年1月25日掲載:
【実録②】確定申告時期に“引越し”で住所変更 どっちの住所を使う?

■2019年1月28日掲載:
【実録③】スマホで確定申告できる人・できない人 対象者はごく一部?

■2019年2月14日掲載:
【実録④】初めての確定申告もこれで大丈夫! e-Taxの申告手順と訂正方法

BIZ KARTE編集部

「BIZ KARTE Powered by マネーフォワード クラウド」は株式会社マネーフォワードが運営している公式メディアです。
マネーフォワード クラウドに関係する会計や経理などのバックオフィス業務をはじめとしたビジネスに役立つ情報を更新しています。



【おすすめ】確定申告でお困りの方へ

マネーフォワード クラウド確定申告なら

  • 面倒な作業はすべて自動化
  • 万全のサポート体制で未経験者でも安心!
  • 月額800円ですべての機能を使い放題!
マネーフォワード クラウド確定申告を無料で試してみる

「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料