【2018年】年末調整の変更点 夫の年収いくらだと「配偶者控除」受けられない?

年末調整のシーズンがやってきました。毎年11月頃になると勤務先から書類の提出を求められますが、後回しにしてまだ手続きをしていない方もいることでしょう。

今年の年末調整は2017年度の税制改正の影響を受け、「配偶者控除」の仕組みが変わります。主な変更点を確認しましょう。

夫の年収1,220万円で「配偶者控除」なし

2017年度の税制改正で「配偶者控除及び配偶者特別控除」の見直しがあり、配偶者控除の額が改正されることになりました。

これまで最大控除額の38万円が適用される対象は、配偶者の年収(※ここでは給与のみを前提にする)が103万円以下の場合のみでした。しかし、改正後は配偶者の年収が150万円の場合まで基準額が引き上げられます


※国税庁ウェブサイトより引用

ただ、これは年末調整を行う“給与所得者本人”の年収が1,120万円以下のケースの話。

2017年までは給与所得者本人の年収による制限はありませんでしたが、2018年からは本人の年収が1,120万円以下の場合、1,120万超~1,170万円以下の場合、1,170万超~1,220万円以下の場合ごとに控除額が分かれ、1,220万円を超えると配偶者控除の適用を受けられなくなるのです。

例えば、これまではパートの妻の収入が103万円を超えないよう気を付け、夫が年末調整を行い、38万円の配偶者控除を受けていたとしても、そもそも夫が年収1,220万円を超えていたら今年から控除対象外になってしまうのです。

これまで配偶者控除の恩恵を受けていた家庭も、2018年からは税負担が増える場合があるので要注意です。

配偶者の年収201万円以下まで控除対象

とはいえ、最大額の38万円とまでは言わなくても、配偶者控除は受けたいものです。

2017年までは、配偶者控除の対象となるには、配偶者の年収が141万円未満でなければなりませんでしたが、2018年からは年収201万円まで対象となります。

次の図の「【参考】配偶者の収入が給与所得だけの場合の配偶者の給与等の収入金額」の欄では、配偶者の「年収ベース」で控除額を確認できます(※「配偶者の合計所得金額」とは、細かい計算方法はありますが、平たく言うと<収入>から<経費>を差し引いた金額です。収入金額とは異なるので注意しましょう)。


※国税庁ウェブサイトの資料をBIZ KARTE編集部で加工

控除を受けられる配偶者の年収額は引き上げられましたが、収入が増えるといわゆる「130万円の壁」と言われる社会保険の話が出てきます。配偶者が、社会保険に加入する必要が出てくる可能性がありますので、ここにも注意しながら、いくらまで稼ぐかを家庭で検討する必要があります。

新たな書類! 「配偶者控除等申告書」が増えた

またガラッと変更があったのは、新たな書類として「配偶者控除等申告書」が増えたことです。

2017年までは、配偶者控除の申告は「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」という保険料控除の申告も兼ねた1枚の書類で手続きしていました。しかし、配偶者控除の改正があり記入項目が増えたことで、「給与所得者の保険料控除申告書」と「給与所得者の配偶者控除等申告書」が別々の2枚の書類に分かれました

2018年からの年末調整では、配偶者控除を受けるには「給与所得者の配偶者控除等申告書」を提出する必要があるので注意しましょう。

【参考】
■配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて(国税庁)
 http://www.nta.go.jp/users/gensen/haigusya/index.htm
■平成 30 年分の年末調整における留意事項等(国税庁)
 http://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/nencho2018/pdf/04-07.pdf

【監修】深堀 宗敏(ふかほり むねとし)@FukahoriTax
公認会計士・税理士/深堀宗敏税理士事務所
PwC税理士法人にて申告書作成業務、M&A、オーナー企業の事業承継対策等に関する会計・税務コンサルティング業務に従事。深堀宗敏税理士事務所を開業。現在、税務実務経験とシステム開発の経験を生かし、クラウドサービスについてのアドバイスを会社のみならず、会計事務所に対して多数行なっている。

BIZ KARTE編集部

「BIZ KARTE Powered by マネーフォワード クラウド」は株式会社マネーフォワードが運営している公式メディアです。
マネーフォワード クラウドに関係する会計や経理などのバックオフィス業務をはじめとしたビジネスに役立つ情報を更新しています。



「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料