収入印紙を買ったときの勘定科目は何を使えばいい?

この記事では、収入印紙を買ったときの会計処理で、一般的にどの勘定科目を使えばよいかについてお伝えします。

収入印紙をすぐに文書に貼って使用するのか、しばらく手元においておくのか、それによって勘定科目は変わります。また、収入印紙を買った場所によって消費税の扱いが変わるところにも気をつける必要があります。

収入印紙を使ったときの勘定科目は「租税公課」

収入印紙は印紙税という税金の支払いのための証書です。領収書や契約書など、印紙税法で定められた文書に収入印紙を貼って消印をすることで、印紙税を納めたことになります。

収入印紙を買ってすぐに文書に貼って使用した場合、一般的に勘定科目は「租税公課」を使用します。

収入印紙は不動産登記や商業登記の登録免許税の支払いに使われることもありますが、この場合でも勘定科目は「租税公課」を使用して問題はありません。

購入する場所によって消費税がかかる

原則として、収入印紙に消費税は課税されません。ただし、収入印紙を郵便局、郵便切手類販売所または印紙売りさばき所で購入した場合に限られます。コンビニエンスストアは郵便切手類販売所にあたります。

金券ショップなどでは収入印紙が額面より低い金額で売られていることが多いですが、これらの店舗で購入した場合は消費税が課税されることになります。

したがって、収入印紙を郵便局などで購入した場合は会計処理で消費税を考慮する必要はありません。一方、金券ショップなどで購入した場合は消費税を考慮して会計処理しなければなりません。

具体的な会計処理の例

ここまでご紹介した会計処理の方法について、仕訳の例をお伝えします。

1.郵便局で200円の収入印紙を10枚購入し、現金で2,000円支払った。購入した収入印紙はただちに使用した。

収入印紙をただちに使用したため、勘定科目は「租税公課」を使います。郵便局で収入印紙を買ったので、消費税はかかりません。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
租税公課 2,000 現金 2,000

2.金券ショップで200円の収入印紙を10枚購入し、現金で1,950円支払った。購入した収入印紙はただちに使用した。消費税率は8%とする。

金券ショップでは額面より低い金額で収入印紙を買うことができますが、購入には消費税が課税されます。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
租税公課 1,806 現金 1,950
仮払消費税 144

収入印紙を買い置きするときの勘定科目は「貯蔵品」

実際には、収入印紙を買ってきてもすぐに使いきるとは限りません。ある程度まとめ買いをして、買い置きすることもあります。

収入印紙を買い置きする場合、勘定科目は「貯蔵品」を使用します。

このとき、購入時に「貯蔵品」に計上する方法と、決算時に「貯蔵品」に計上する方法のどちらで会計処理をしても構いません。いずれの方法でも、収入印紙の購入と使用を管理帳に記録するなど、枚数をきちんと管理することが大切です。

購入時に「貯蔵品」に計上する場合

収入印紙を購入したときに「貯蔵品」に計上する場合は、収入印紙を使用するたびに「租税公課」に振り替えます。この場合の会計処理の流れは次のようになります。

1.郵便局で200円の収入印紙を10枚購入し、現金で2,000円支払った。

郵便局で収入印紙を買った場合は、消費税はかかりません。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
貯蔵品 2,000 現金 2,000

2.領収書に収入印紙を400円分貼って客先に手渡した。

使用した収入印紙の金額を「貯蔵品」から「租税公課」に振り替えます。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
租税公課 400 貯蔵品 400

3.決算にあたって収入印紙の使用枚数を調べたところ、10枚購入したうち8枚を使用し、2枚残っていることがわかった。

使用した収入印紙の金額はすでに「租税公課」に計上されているため、決算時の会計処理は不要です。決算時の「貯蔵品」の残高は、残っている収入印紙の金額、200円×2枚=400円となります。

決算時に「貯蔵品」に計上する場合

収入印紙を購入したときには「租税公課」に計上して、決算時に残っている収入印紙の金額を「貯蔵品」に振り替えることもできます。この場合の会計処理の流れは次のようになります。

1.金券ショップで200円の収入印紙を10枚購入し、現金で1,950円支払った。消費税率は8%とする。

金券ショップで購入したため、消費税が課税されます。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
租税公課 1,806 現金 1,950
仮払消費税 144

2.領収書に収入印紙を400円分貼って客先に手渡した。

収入印紙の金額はすでに「租税公課」に計上されているため、使用したときの会計処理は不要です。

3.決算にあたって収入印紙の使用枚数を調べたところ、10枚購入したうち8枚を使用し、2枚残っていることがわかった。

残っている収入印紙の金額は1,806円÷10枚×2枚≒361円であることから、361円を「租税公課」から「貯蔵品」に振り替えます。

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
貯蔵品 361 租税公課 361

 

まとめ

収入印紙を買ったときの会計処理の勘定科目は「租税公課」が一般的です。ただし、収入印紙を買い置きするような場合は、勘定科目は「貯蔵品」を使います。

収入印紙は原則として消費税は非課税ですが、金券ショップで買った場合には消費税が課税されます。消費税に関する会計処理を間違えないよう注意が必要です。

関連記事

・契約書に収入印紙が貼られていない場合は無効なの?
・契約書の収入印紙を節約する「第7号文書」に関する節税術
・プロが教える!契約書の「収入印紙代」を簡単に節約できる3つの方法

BIZ KARTE編集部

「BIZ KARTE Powered by MFクラウド」は株式会社マネーフォワードが運営している公式メディアです。
MFクラウドに関係する会計や経理などのバックオフィス業務をはじめとしたビジネスに役立つ情報を更新しています。



関連するMFクラウドシリーズはこちら
MFクラウド会計(法人会計ソフト)



「MFクラウド」シリーズのサービス資料