損益計算書の書き方を学んで青色申告にトライしてみよう!

「青色申告特別控除を受けたい」「家族のお給料を必要経費にしたい」と思っていても、青色申告の記入方法は難しいとあきらめてしまっている皆様。

青色申告はそんなに難しいものではありません。
提出書類は「青色申告決算書」「確定申告書B」の2種類です。

そのうち、青色申告を難しく感じる大きな理由となっている「損益計算書」の書き方についてまとめました。

青色申告決算書4枚

青色申告決算書は4枚あり、うち3枚が損益計算書とその内訳、残る1枚が貸借対照表になります。

貸借対照表は体力

貸借対照表とは資産(プラス財産)から負債(マイナス財産)を差し引くことにより資本(元入金)=お金の体力を測るものになります。
左右対称という形からもイメージしやすい表です。

損益計算書は運動能力

損益計算書では、利益を生み出すのにいくらの経費がかかったかを見ることができます。
貸借対照表がお金の体力を測るものだとすると、損益計算書は事業の効率=運動能力を測るものになります。

損益計算書の内容と書き方

前述の通り、損益計算書は3枚。1枚目がメインで残りの2枚は補足のようなもの。つまり3枚あっても実質的には1枚半位の業務量なので、思っているほど大変ではありません。

では、損益計算書のそれぞれのページの書き方をご説明します。

損益計算書の書き方 1枚目

1枚目は全部で45項目あります。1~45番までの項目を4つのパートに分けて、数字を整理しながら記入していきましょう。

損益計算書_1

パート1【売上-売上原価】項目番号1~7
売上−売上原価(期首棚卸高+仕入高−期末棚卸高)=粗利を算出します。

個人で営業しているパン屋さんの場合、パンの売り上げからパンの材料費を差し引いた額です。雑収入も売上金額に含めます。
パート2【経費】項目番号8~33
パート1の粗利から必要経費を差し引いて事業の利益を算出します。

必要経費には水道光熱費・消耗品などどんな事業でも存在する科目、逆に福利厚生費や給料工賃など事業体によっては全く使わない科目もあります。パート1は商品にかかる材料費でしたが、こちらは事業にかかる経費になります。

パート3【各種引当金・準備金】項目番号34~42
パート3は「パート1と2以外の費用」と考えて下さい。個人事業主の方の場合、ここでは記入する額がない方も多いでしょう。

耳慣れない「貸倒引当金」という用語だけ触れておきたいと思います。

貸倒引当金」とは債権の回収不能リスクに備える科目です。

例えば、100万円の債権を持っていたとします。会計上100万円は資産として計上しますが、もし相手先が倒産してしまったらどうでしょうか? 会計も大きく悪化します。そこで債権のうち一定額をリスクとして貸倒引当金を費用に計上します。そうすれば万が一回収不能になっても会計へのダメージを縮減できます。

注意して欲しいのは、項目34と39に同じ貸倒引当金があるということです。貸倒引当金は毎年新たな設定が必要です。よって項目34で前年の貸倒引当金は繰り戻分として収入になります。本年の経費は項目39の貸倒引当金になります。

パート4【青色申告特別控除と所得金額】項目番号43~45
パート1~3まで記入すると、純粋な利益がでてきます。この純利益から青色申告特別控除を差し引くと、項目番号45の所得金額が算出できます。

損益計算書の書き方 2枚目

2枚目の書き方は1枚目で記載した金額の内訳を記入します。主な内容は以下になります。

損益計算書_2

1:月別売上(収入)金額と仕入金額

2:給料賃金の内訳

3:専従者給与の内訳
専従者給与とは一定の要件を満たした家族への給与のことです。原則として全額が必要経費になります。ただし「青色事業専従給与者に関する届出書」を別途提出する必要があります。

4:貸倒引当金繰入額の計算
貸倒引当金は前述の通りです。2枚目では債権の合計額と、その債権に基づく本年の繰り入れ限度額等を記入します。

5:青色申告特別控除
青色申告特別控除は65万円ですが、所得金額が65万円以下のときはそれ以上の額を差し引くことはできません。そこで1枚目項目43の所得金額を記入します。

損益計算書の書き方 3枚目

3枚目は1枚目の補足的な記入になります。1枚目の記入を理解していれば、作業はスムーズです。

以下、3枚目の「減価償却費」「地代家賃」は記入がわかりづらいので説明しておきましょう。

減価償却費の計算

減価償却資産の詳細です。年の途中で購入した資産(車両運搬具等)については業務に使用した月数、家事と業務に兼用する資産についてはその業務に使用する割合などを詳細に記入します。

地代家賃の内訳

借家を自宅と事業所に兼用するときは、床面積等の合理的な基準により、必要経費に算入する金額等を計算し記入します。

まとめ

損益計算書の書き方は、普段から帳簿をつけている方なら特に難しいことはない作業です。

3枚の書類を見ると、記入項目がたくさんあって「こんなのできない!」とあきらめてしまう人が多いかもしれません。

しかし、記入しなくてもいいところは埋めなくてもかまいません。1枚目から必要な項目を、冷静にひとつひとつ埋めていって青色申告を実現させましょう。

また、クラウド型の会計ソフト「MFクラウド会計」を利用すると、仕訳を入力するだけで損益計算書も自動作成するので手間が省けます。一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

青色申告で必要な書類の書き方
確定申告に必要な添付書類(場合別)
借方と貸方|損益計算書の借方と貸方の違いを初心者向けに解説!

監修:三井 啓介 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。



関連するMFクラウドシリーズはこちら
MFクラウド確定申告(個人事業主向け会計・青色申告ソフト)



「MFクラウド」シリーズのサービス資料

スモールビジネスに役立つMFクラウド