会社員に朗報!使いやすくなった特定支出控除で税金控除!

会社員に朗報!使いやすくなった特定支出控除で税金控除!

特定支出控除とは業務上必要な経費の一部を特定支出として認め、税金控除できるようにするというものです。

以前はやや使いにくい側面もあったこの制度ですが、平成25年に法改正され、特定支出の基準額が大幅に下がったことで利用できる対象者も大幅に増えました。特に会社員の方々は、上手くこの制度を利用することで、税金の控除を受けられる可能性があります。ぜひ参考にしてみてください。

特定支出控除とは?

給与所得者が次の1から6の特定支出をした場合に、その年の合計額 (特定支出の額の合計額) が下記の表の区分を超えるときは、確定申告により超えた部分の金額を「所得控除後の所得金額」から差し引くことができます。この制度を給与所得者の「特定支出控除」といいます。

1.会社への通勤に掛かる通勤費用(通勤費)
2.転勤などに伴って発生する引っ越し費用(転居費)
3.職務を遂行する際に必要な技術や知識を得る為に受けた研修やセミナー代金(研修費)
4.職務を遂行する上で必要な資格取得費用(資格取得費)
5.単身赴任などの場合で、勤務地と実自宅の間の移動のための費用(帰宅旅費)
6.次に掲げる支出(最高65万円まで)で、会社が必要と証明した費用(勤務必要経費)
(a) 書籍、定期刊行物等の資料購入費用
(b) 勤務場所において着用が義務付けられている衣服の購入費用
(c) 接待費用

その年中の給与等の収入特定支出控除額の適用判定の基準となる金額
一律その年中の給与所得控除額×1/2

特定支出控除における「特定支出」として認められるものは、次に挙げる支出が該当します。既に会社から必要経費として以下の項目が支給されている場合は、いずれも、その支給額を超えた額が特定支出控除の対象となります。

一般的に会社員であれば「通勤費(交通費)」などは会社が負担していることが多いのですが、「研修費」「資格取得費」など、ご自身で学習している方にとっては、該当になる可能性が比較的高いのではないでしょうか。

特定支出控除の改正点について

1. 特定支出控除の改正

特定支出控除について範囲の拡大等が行われ、給与所得者は実額控除を受ける機会が広がりました。

《範囲の拡大》
以下の3点が新たに特定支出に追加されました。((3)については、平成32年分以降)
(1) 弁護士、公認会計士、税理士などの資格取得費
(2) 勤務必要経費(図書費、衣服費、交際費等)
(3) 職務の遂行に直接必要な旅費等で通常必要と認められるもの(帰宅旅費等の範囲も拡充された)

《適用判定の基準の見直し》
特例を適用するための判定基準額が給与所得控除額の2分の1に緩和されました。

2. 特定支出控除の適用を受けるために必要な手続き等

特定支出控除の適用を受けるためには、確定申告書等にその適用を受ける旨および特定支出(上記6項目)の額の合計額を記載し、特定支出を証明する明細書と給与等の支払者の証明書の2つを提出する必要があります。(※領収証等は、確定申告の際に添付または提示が必要となります。)

特定支出控除の計算方法は?

年収600万円のAさんを例に計算してみましょう。給与所得控除額は以下の表にて確認することできます。


参考:No.1410 給与所得控除|税について調べる|国税庁

年収600万円の場合の給与所得控除額:600万円×20%+54万円=174万円
※この「174万円」が給与所得控除になります。

一方、給与所得額は以下のように計算することができます。

給与所得額:年収—給与所得控除額
= 600万円−174万円
=426万円

この「426万円」を基に課税される税金が確定します。
特定支出控除額の適用判定の基準となる金額:174万円×1/2=87万円

Aさんの特定支出控除額の適用判定の基準となる金額は87万円となり、最大で87万円を給与所得控除額に算入することが可能です。ここで「特定支出控除額の適用判定の基準となる金額」が120万円であった場合は、120-87=33万円となり、33万円もの特定支出控除が受けられるという計算になります。

特定支出控除における注意点とは?

国税庁の定めによれば、特定支出は基本的に「給与支払者がその必要性を認めたもの」に限定されており、控除を受けるためには会社から必要性を証明できる「証明書」が必要です。また、給与の支払者からその支出に対して補填される部分があった場合には、補填される部分は特定支出から除かれます。

通常、総額がいくら高くなった場合であっても、会社から補助金が出ている場合にはその全額を控除金として申請する事はできません。基本的には実費相当分しか特定支出控除の対象とはならない点は留意しておきましょう。

まとめ

特定支出控除とは業務上必要な経費の一部を特定支出として認め、所得控除できるようにするというものです。特に会社員の方々はこの制度を利用することで所得の控除を受けることができる方も多いのではないでしょうか。対象となる支出額は広範囲に及ぶため、一度チェックしてみる価値は十分にあります。ぜひ理解して節税に役立ててください。

監修:緒方 康人 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。



関連するMFクラウドシリーズはこちら
MFクラウド確定申告(個人事業主向け会計・青色申告ソフト)



「MFクラウド」シリーズのサービス資料