複式簿記の書き方を正しく理解していますか?複式簿記の基礎知識と書き方まとめ

読了まで約 3
複式簿記の基本とその書き方

複式簿記の書き方、ご存知ですか? 個人事業主はもちろん、たとえ小規模にしても経営者であれば、また、社会人であれば、複式簿記の書き方の基本は知っておきたいものです。

ここでは、複式簿記の大原則と書き方について、最小限の基本をわかりやすく説明します。

複式簿記の「複式」とは、「借方」と「貸方」の二面のこと

単式簿記の書き方は、たとえば10万円を持っていて8万円のコンピュータを購入すると2万円の残額になる、といった現金の出入りが基準になります。現金出納帳だけをつけ、その結果(残高)を基準にしているため、「残高式」とも呼ばれています。

一方、複式簿記の書き方は、ひとつの取引について、その結果である残高だけではなく、それをお金の動き全体を2面の方向から記録していきます。

借方(左側)と貸方(右側)

・二面とは、借方と貸方の2つであり、借方は複式簿記の左側に記入し、貸方は右側に記入し、左右は必ず同じ額になることが原則です。

・現金が増えた時は借方(左側)に科目と金額を、減った時は貸方(右側)に科目と金額を記入します。

例)現金100万円で事業を始めるとします。50万円は銀行から借り入れたお金で、50万円は自分の貯金で用意した資本金とします。資産という現金は手元に増えたわけですから、借方に現金をかきます。貸方にはその発生原因を記入します。

手元に現金があるのに、それが「借方」、借金なのに「貸方」。ここに違和感があると思います。このように、ちぐはぐに思える名前ですが、これは「借方」は「借主」を、「貸方」は「貸主」を意味していたことに由来します。もともとは貸付金の相手方(借主)の名前と金額を「借方」に、借入金の相手方(貸主)の名前と金額を「貸方」に記入し、管理していたのです。

仕訳のルール

仕訳というのは、取引を複式簿記の借方(左側)と貸方(右側)のどちらに書くかを振り分けていくことです。ルールがありますので、それを覚えましょう。

複式簿記の貸借対照表とは?

こうした日々の財産移動を記帳していくことを仕訳作業といい、記帳した台帳は仕訳帳と呼びます。そして、日々の仕訳を勘定科目ごとに合計して一覧にしたものが「貸借対照表」です。

資産がいくらあるか、負債はいくらあるか、資産から負債を差し引いた純資産はいくらあるのか、この一覧を見ると財政状況が一目でわかります。

では、実際に仕訳の例をみてみたいと思います。

・11月4日に貯金から300万円を出資し、事業所を開業
・11月5日に銀行から150万円を現金で借入
・11月20日に100万円の設備を購入し、現金で支払う
・11月26日に300万円の商品を仕入れ、現金で支払う
・11月27日に事務所の電気料金20万円を現金で支払う
・11月30日に先に仕入れた商品を450万で販売、代金は掛とした
・12月15日に売掛金450万円を回収
・12月20日に銀行から借入れていた150万円を現金で返済

といったお金の動きを複式簿記に仕訳していくと下図のようになります。

複式簿記の仕訳の大原則

複式簿記では資産、負債、費用、収益、純資産が増減することを取引と定義し、毎日の取引を左右に仕訳をしていきます。左に記載される金額は常に同じですので、取引ごとに何の勘定科目で記入をすればよいのかを考えていきます。例えば、8万円のコンピュータを購入すると、備品という資産が増えたので借方に備品8万円と記入し、現金が減ったので(すなわち資産が減ったので)貸方に現金8万円と記入する、これが複式簿記の書き方です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。65万円の青色申告特別控除を受けようと思った場合はこの複式簿記による帳簿の記帳が必須となります。白色申告で申告している方はこれを機会に複式簿記の理解を深めて、是非青色申告にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。節税について詳しく知りたい方は「個人事業主の節税方法まとめ」も参考にしてください。

参考:複式簿記(PDF)

監修:三井 啓介 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。



【おすすめ】会計・経理業務でお困りの方へ

マネーフォワード クラウド会計なら

  • 面倒な作業はすべて自動化
  • 会計情報をリアルタイムで経営に反映
  • 他の会計ソフトからの乗り換えも簡単!
マネーフォワード クラウド会計を無料で試してみる

「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料