電子帳簿保存法に対応。

領収書や請求書が電子保存できるようになります。

2015年9月30日より、電子帳簿保存法のスキャナ保存要件の緩和を含む電子帳簿保存法の改正が施行されました。最短で2016年1月1日分より要件を満たした、全ての領収書・請求書をスキャナで電子化して保存することができます。
原本は廃棄可能で、面倒な紙の保存が不要になります。

電子帳簿保存法のスキャナ保存要件緩和について

電子帳簿保存法とは

電子帳簿保存法とは

正式には「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」といいます。

電子帳簿保存法は、仕訳帳、総勘定元帳、請求書や領収書などの国税関係書類のデータ保存に関する取り決めを記載した法律です。本法律に記載されている要件を満たせば、書類の電子保存が可能となります。

電子帳簿保存法のスキャナ保存要件について

電子帳簿保存法のスキャナ保存要件

電子帳簿保存の要件緩和に伴い、スキャナ保存要件が改正され、請求書や領収書などの証憑を廃棄することが可能になります。

  • ・金額上限(3万円)が撤廃され、全ての契約書等のスキャン保存が可能になりました
  • ・電子署名の取得が不要になりました
  • ・代わりに事務処理要件を制定し、規定通りの処理を行う必要があります
  • ・デジタルカメラ、スマートフォンカメラで撮影した画像も要件に含まれるようになりました
  • ※平成28年度税制改正大網(案)より

詳しくは国税庁資料を参照ください

MFクラウド会計は、
要件緩和後の電子帳簿保存法に対応します。

仕訳へのファイル添付機能

帳簿書類間の関連性の確保をよりラクに行うため、領収書や請求書といった証憑類を仕訳に添付することができます。

仕訳へのファイル添付機能

ScanSnapで簡単スキャン

ScanSnapでスキャンされた電子データは、MF クラウド会計内のMFクラウドストレージに自動的に保管されます。データを表示しながら仕訳入力が出来、領収書や請求書などの電子データ化から会計処理まで完結できます。

ScanSnapで簡単スキャン

スキャナ保存の要件である、
タイムスタンプ付与にも対応を予定しています。

MFクラウド経費でもっと便利に

今後スマートフォン、デジタルカメラで撮影した証憑も認められる予定です(平成28年度税制改正大綱より)。MFクラウド会計と経費を合わせて使用すると、領収証をスマホで撮影するだけで仕訳が自動で行え、原本の保存も不要になります。

MFクラウド経費でもっと便利に

導入でご不明な点はお気軽にお電話ください

Icon telephone white050-5305-1201

受付時間10:30〜17:00(土・日・祝を除きます)